スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

くろかわFarmのレモン色の卵

10月9日(火)ノースライブコーヒーでエスプレッソコーヒーを手にし、次に向かったのは、わがまるごと江別グルメ会メンバー内でも評価の高い”くろかわFarm”。2年前に新規就農した若い養鶏農家さんだ。

当日突然「伺いまぁ~す!」とお電話したところ、ちょうど配達日だとのこと。くろかわFarmでは毎週3回、江別市内の「タマゴ会員」向けに配達を行っている。定期購入をしている会員も50名を超えたそうだ。

配達から帰る夕刻をねらって農場を訪れた。電話の説明どおり「きらら街道」を南幌方面に向かう途中、「地どり卵」の看板あり。
20071017194517.jpg 20071017194609.jpg


オーナーの黒川大地さんはご覧の通りのナイスガイ。「こだわりの養鶏農家」と聞いていたので、”熱い”キャラクターを想像していたが、静かな語り口の落ち着いた方だ。

さっそく鶏舎を案内してもらった。

お、いたいた! ここは平飼いなので、鶏達は鶏舎を走り回っている。扉を開けてもらい鶏舎内に顔を突っ込むと、一斉に向けられる警戒の眼差し・・・しかしそれも一瞬で、やがて好奇心旺盛な彼らは鶏舎の外へ出ようと近寄ってくる。鳩胸(?)と言うが、運動で鍛えた体は実に立派で、健康体であることに疑いはない。
20071017194623.jpg 20071017194639.jpg

「病気らしい病気もないですね。小規模ですし”抗生物質”なんて用はないです。逆に元気すぎて喧嘩するんですよ。」

確かに血気盛んな複数の鶏にはお互いに羽をむしり合った”名誉のハゲ(??)”が見える。

平飼いの特徴はもちろん”ケージ飼い”と違って自由に歩きまわれること、そして床は土の上にワラを敷いてあり、鶏が足でかき回すことによって鶏糞と混ざり合い、自然発酵して匂いがほとんどしないという点だ。確かに匂いは気にならなかった。しかもこの自然発酵で鶏舎内の温度が保たれるということ、そしていい堆肥ができるので、それをそのまま牧草地に撒いている。

「餌は国内産のクズ小麦、クズ米、米ぬか、オカラ、牧草なんかを自家配合しています。輸入の配合飼料は使いません。安全なものを使いたいというのはもちろんですが、もっと自然に・・・”昔の鶏の飼い方”をしているんです。」

『昔の鶏の飼い方』・・・? 意外な言葉に考え込んでいると、黒川さんが穏やかに続けた。

「昔の鶏はトウモロコシなんて食べてなかったでしょう? 農家で出るくず麦、くず米、草・・・ですよ。人間が食べられないものを食べてちゃんと卵を産んでくれてた。何も人間が食べるものを与える必要ないですよ。世界には飢えている人がいっぱいいるんですし。」

なるほど、黒川さんが目指しているのは無理のない循環型農業。鶏舎で自然に出来た堆肥を撒き、牧草を作り、鶏がそれを食べる。あとは身近に手に入るものを与える。いい意味での「昔帰り」なんだ。
20071017194654.jpg 20071017194730.jpg

卵を購入しようと住宅の玄関にお邪魔すると、何やら意味有りげに置いてある”シフォンケーキ”が目に入る。

「実は会員限定で試験的にうちの卵を使ったケーキを販売してるんです。」

ケーキは奥さま、真奈美さんの手作り。これはラッキー!こちらももちろん購入した。

「今は鶏が200羽で、もうちょっと増やさないと経営は苦しいんですが、今後は規模を大きくするより、加工品を作って売って行きたいなと思ってます。」

自分達が作った健康な卵で最終製品を作って直接売る・・・黒川さんの循環型農業の次なるステップだ。さらに先を聞くと・・・

「淘汰する鶏を消費したい。近くで燻製にしてくれる業者でもあるといいんですが・・・」

小規模だが、1つの大きな世界感を持った農場...それがくろかわFarmの印象だった。

20071017213303.jpg 20071017194815.jpg

帰宅後真っ先に元気卵のシフォンをガサガサと開封。まずは適当にカットしてみる。。。

「すんごいレモン色♪」

「うちのシフォンは季節で色が変わります。今は最高に黄色いです。牧草沢山食べてるので・・・」

帰り際の真奈美さんの一言を思い出した。「牧草か・・・」

再度袋に目をやると何やらラベルに説明書きがある。

「お行儀が悪いですが、手でちぎってムシャムシャ食べるとおいしいです。」

ふふふっ! そう言われたらやりたくなるのが人情。大きく横に裂くと、確かに焼き色の付いた部分と真ん中のレモンイエローの部分の食感が違うので2通りの味わいが楽しめる。

きめ細かな生地、そしてその味はものすごくピュア。泣けるくらいストレートに卵の味が感じられる。なんで泣けるかって?だってヒヨコになる卵じゃないですか! お母さん鶏よ、ありがとう!おいしかったよ。

くろかわFarmのレモン色の卵は本当に”自然”だった。

2007.10.17 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

コメント

オレンジ色

今時期はレモン色と言うよりオレンジ色ですね(笑)。冬になると牧草を与える量が減るのでレモン色の黄身になります。
昨日、100羽のヒヨコがやって来ました。今回で8回目の育雛ですが、何度見ても可愛いものです。

2007-10-19 金 20:31:27 | URL | くろ♂ #y2yqSsM6 [ 編集]

くろさまへ

キャハハ、レモンじゃなくて、オレンジでしたか!? いずれにしても食欲をそそる色でした。また伺いますね。

2007-10-23 火 15:29:35 | URL | つち #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。