スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別『Meg's tearoom』いよいよOPEN!!

昨日11月19日(水)、待ちに待った江別『Meg's tearoom』がついにオープンした!

と言っても、この日つちは来店していないので、事前取材レポをお送りしたい。
       江別『Megs tearoom』外観 江別『Megs tearoom』店内1


前回ご紹介したとおり、店舗は一般住宅をリノベーション。閑静な住宅街の中にポツンと・・・とイメージしたいところだが、この立地がものすごい! お隣がラーメン屋『松喜』、奥が『創作イタリア料理 リストランテ 薫』と、”ポツポツポツ”と3軒?

イメージは”おとなかわいい”、そして”イギリス、フランス、和の融合”とのこと。たしかにエントランスはフレンチシック。でも店内はイギリスのカントリーサイドにありそうな、温かみのある空間。
       江別『Megs tearoom』カウンター 江別『Megs tearoom』パニーニセット
そしてカウンターテーブルからは雪化粧をまとった和の庭園が望める。

さて珠玉のカフェメニューの中から、つちの独断と偏見で選んだおすすめをご紹介しよう。 お菓子メインのカフェだが、軽食として「パニーニセット」が用意されている。中身は2種類、照り焼きチキンとサーモンだったかな?お好きな方をチョイス。照り焼きチキンはパニーニにするとなかなか面白い個性的な味だ。 パニーニのパンは江別『シナモンベーカリー』の特製。もちろんパニーニメーカーでしっかり焼き目がつけられている。蒸し野菜と生野菜の2種類のサラダが添えられ、無添加で塩味薄めのクリスプス(ポテトチップス)付。軽食と言えども結構なボリュームだ。
       江別『Megs tearoom』パブロヴァ 江別『Megs tearoom』ベリーシロップ付きペリエ
続いては冷たいデザート。どんなに寒くてもこれはおすすめ、「パブロヴァ」。パフェかと思いきや、口当たりが何か違う。これは焼きメレンゲに生クリーム、フルーツを重ねたデザート。伝説のバレリーナ、アンナ・パブロヴァに因んで考案されたという。発祥の地については、ニュージーランドとオーストラリアが名乗りを上げて互いに譲らないようだが、同じようなデザートはイギリスにも存在していたよう。口の中でふわっと溶けるその儚さは、まさにバレリーナの軽やかな舞を思わせる。つちにはこの世のものとは思えないデザートであった。

お飲物はもちろんイギリスから送られてきた紅茶がおすすめだが、もう1つ、実はこれが一番感動したメニュー、「自家製シロップ付きペリエ」。写真はストロベリーとラズベリーのシロップ入り。これをぐるぐるとかき混ぜると・・・うわぉ! なんでしょう、これは!? 昔、子供の頃、夢見ていた物語の中の飲み物だ!どこかに置き忘れていた感情をふと取り戻したような気がした。
       江別『Megs tearoom』テーブル 江別『Megs tearoom』アフタヌーンティ
さてさて、そろそろ女王に登場して頂きましょうか。ただいまクローズアップいたします。

こちらが14時~要予約の「アフタヌーンティ」。写真は2名分。大変なボリュームです。サンドイッチは4種類各2個、スコーンは2種類各1個、もちろんクロッテドクリームとストロベリージャム付、そしてケーキは3種類。

しっとりとして具となじみのよいサンドイッチパンは、これも『シナモンベーカリー』製。中身は卵、ローストビーフ、スモークサーモンなど、オーソドックスでシンプルで飽きが来ない。スコーンはプレーンと全粒粉。全粒粉のプチプチ感がとても面白い。ケーキは日によって変わると思うのだが、カップケーキとヴィクトリアサンドケーキは定番だろう。つちの注目アイテムはカップケーキ。 『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』時代からの看板商品だが、『Meg's tearoom』ではあらたにバターミルクを使い、よりしっとりとした食感になっている。バタークリームのトッピングもシンプルになり、香りやテクスチャーをよりじっくり楽しめるようになった。このカップケーキが、『Meg's tearoom』の精神を最も象徴しているように思う。ケーキだけでおいしい。クリームだけでもおいしい。おいしい+おいしい=そりゃぁおいしい! すべてのエレメントにひとつとして濁りがない。
       江別『Megs tearoom』キッチン 江別『Megs tearoom』結城恵オーナーパティシエ
キッチンは半オープン形式。ガラスの引き戸の向こうに、結城恵オーナーパティシエの誤魔化しのない仕事ぶりが見えた。

気が付けば、忘れていた童心、いや、乙女心を取り戻していた。 たまにはそんな風に自分を解き放ってもいいだろう。

Meg's Tearoom (メグズ ティールーム)

江別市野幌寿町24-1
TEL:011-381-0015
水・木・金・土 11:30〜18:00(ラストオーダー16:00)
※HPは未完成ながらこちら

2014.11.20 | | Comments(3) | Trackback(0) | 江別

コメント

祝♪(*^∀^*)

オープンおめでとうございます…!!
どれほど多くの皆さんが、この日を心待ちにしていたことでしょう。
期待にたがわぬ素敵なお店、訪れたお客さまはきっと、至福のひとときを過ごされたに違いありません。

遠く離れた地で暮らす私めは、ただもう羨ましさに身を揉むばかり!
つちさんの事前レポート、「クリームティ」の記事の《攻略法》ともども、垂涎の思いで読ませていただきました…!

つちさんのおすすめメニュー、どれも本当に美味しそう!
パニーニの焼き目のなんと魅惑的なこと。
パブロヴァも、女王様も、夢の国の飲み物(「自家製シロップ付きペリエ」)も…
ただ見目うるわしいだけでなく、どこか凛とした「品格」があるのを感じます。

「すべてのエレメントにひとつとして濁りがない。」

…つちさんの記されたこの一文に、お店の魅力の秘密がギュッと集約されているような気がしました。

今後も、季節ごとのメニューのレポートなど、楽しみにしています…!♪

2014-11-22 土 23:43:18 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

さざぴさま

お久しぶりです! 嬉しいです。

遠方からのお祝いコメントありがとうございます。

それはもう素敵な店で、住みたいくらい(?)ですよ。
お伽&乙女な世界。年甲斐もなくこの世界にときめいてしまいました。

また度々ご紹介させて頂きますので、お楽しみに♪

2014-11-24 月 15:46:04 | URL | つちばく #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-12-09 火 07:31:05 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。