スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

まるごと、まるごと江別!!

8月30日(土)、快晴、暑い、そして熱い江別の1日だった。江別市民会館の中で外で、4つのイベントが同時開催。いやぁ~賑やかだった。

熱い・・・と言えば、振り返り見て「煙が目に染みる」、これが今イベントの印象だった。

まず初開催となる『まるごと江別2014』では、市内の多種多様な飲食店が出店。一際長~い行列を作っていたのが江別フレンチ『シェ・キノ』。名物「江別キッシュ」はもちろん外せないのだが、普段店では決してオンリストされないワンハンドメニューを見逃せない。
       『まるごと江別』にて『シェ・キノ』木下淳シェフ 『まるごと江別』にて『シェ・キノ』サバティーヤ


そのメインは木下敦シェフお気に入りの「トルティーヤ」。ロングウィンナー入りトルティーヤから、タンドリーチキン入り、エゾシカ肉と大豆のミートソース入り、そして果ては「サバティーヤ」まで。

この「サバティーヤ」、お察しの通り、サバのから揚げが入ったトルティーヤである。もちろん飽く迄未知なる味への探求心を貫くつちは、好き嫌いはともかくこれに挑戦。ケチャップのB級的味わいと、本格的なトルティーヤ、そして立派に脂の乗ったサバのバランスがお祭りの高揚感を誘う。これで350円はとってもお得!
       『まるごと江別』にて『シェ・キノ』ハーブチキンとソーセージ 『まるごと江別』にて『ダイニング木の家』さんま
この『シェ・キノ』ブースも例外なく煙を出していた。ソーセージにハーブチキン。これも美味しそうだったなぁ。
       『まるごと江別』にて『ダイニング木の家』木下二三男シェフ 『まるごと江別』にて『ダイニング木の家』さんま炭火焼き
お隣の『トンデンファーム』はもちろん”全面喫煙”状態、そのお隣で煙にまかれていたのは江別イタリアン『ダイニング木の家』木下二三男シェフ。こちらは「サンマの塩焼き」・・・いえ、「サンマの炭火焼き サラダ仕立て バルサミコソース」と、最終的にはちゃんとイタリアン。このほかエゾシカのラグーソース・スパゲッティや、野菜たっぷりチキンカレーなど一皿でお腹一杯メニューばかり。
       『まるごと江別』にて「おこたま焼き?」 『まるごと江別』にて「えぞ但馬牛串焼き」
こちらも行列だった、お好み焼きと玉子焼きを1つにした「おこたま焼き(? たしか・・・)」。 もちろん発煙してました。

さて市内の農家さんが出店する『第14回えべつ農業まつり』の方へ移動すると、こちらの煙も負けていない。「蝦夷但馬牛串焼き」。 蝦夷但馬牛の生産者が今日はねじり鉢巻きで焼き肉屋に。
      『まるごと江別』にてJA女性部tr 『まるごと江別』にてJA女性部そばtr
江別農家の母さん達は湯気の中。「JA道央女性部江別ブロック」「かけそば250円」で一本勝負。昼ごろには完売していた。
       『まるごと江別』にてJA青年部 『えべつスイーツフェスタ』にて『自然卵のクレープ』

生産者ブースでにぎわっていたのは「JA道央青年部江別ブロック」の野菜直売。こちらは若さと人数で圧倒的なマンパワーを発揮。

ところで市民会館内では『えべつスイーツフェスタ』が開催されていたのだが、のこのことお昼頃に入場しても既に宴の後。行列ができていたのは『自然卵のクレープ』。お客様との会話を楽しみながら1枚1枚手焼きしていた。

さてもう1つの催し、『小麦フェスタ2014inえべつ』では午前中に『丸の内シェフズクラブ』による「おいしいサンドイッチの作り方」実演ワークショップや、小麦に関する展示などがおこなわれていた。
       『小麦フェスタ2014inえべつ』フォーラムにてトークセッション 『小麦フェスタ2014inえべつ』フォーラムにて
つちが参加したのは午後からのフォーラム。「パン業界における北海道産小麦の現状と可能性~そしてハルユタカは?」と題して、帯広で道産素材100%を目指す『満寿屋商店』杉山雅則社長の基調講演や、パネリスト5名によるトークセッションが行われた。

パネリストには『シニフィアン・シニフィエ』志賀勝栄シェフも登場。当日はパンの販売もあったようだが、早々に完売とのこと。しかしフォーラム参加者には、このために志賀シェフが焼いた、江別産ハルユタカのパンが試食で提供された。試食用パンはこのほか、『ますやパン』の山食、『敷島製パン』の角食が、いずれも江別産ハルユタカを使った特別仕様でセットされていて、これは豪華!

トークセッションは中座してしまったのだが、やはり日本には日本の、北海道には北海道の、そして江別には江別の、十勝には十勝の小麦が必要だということ。それが自然だということをあらためて感じた。私たち消費者が地元の小麦のパンを食べるのが当たり前のようになればいいと思う。

盛りだくさんのイベントが終わり、江別の季節は秋へと移ろっていく。収穫の秋、食欲の秋を楽しもう!

2014.09.01 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

コメント

煙モクモク♪

わあー!ほほえましいお写真の数々、イベント当日の盛り上がりっぷりが伝わってきて、拝見する私も楽しい気持ちになりました…!

(o^∀^o)

出店者の皆さまも、参加者の皆さまも、きっと密度の濃~い時間を過ごされたのでしょうね。
煙(&ゆげ)越しに見える表情、どれも「いいお顔」です!

おいしそうなメニューの数々は、ぜんぶ片っぱしから試食してみたいなぁ…!
バルサミコ風味のサンマ、いいですねぇ。
私も今トルティーヤにハマっているので、サバティーヤ、味わってみたいです!エゾシカ肉と大豆のミートソース入りも気になるなぁ~。
スイーツのイベントや、小麦のフォーラムも興味深い!
まさに「どっちを向いてもまるごと江別」という感じの、おいしさあふれる一日だったのですね。
ごちそうさまです…!♪

2014-09-05 金 00:00:23 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

さざぴさま

またお返事遅くなっちゃいましたね。すみません。。。

そうそう、サバティーヤですが、ここで裏話。
シェフはトルコ名物「サバサンド」(サバのサンドイッチ)に憧れて、そのイメージでサバティーヤを考案したそうですよ。わたくしはサバサンドにまだお目にかかっていないのですが、サバティーヤもきっとトルコでヒットするでしょう!

個人的にはケチャップじゃない方がいいかな。サバサンドのようにレモン汁をじゃーっとかけて~

2014-09-13 土 19:11:28 | URL | つちばく #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。