スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「はこだて国際民俗芸術祭」で夏満喫!

8月5日、6日と函館に行ってきました!

目的は「はこだて国際民俗芸術祭」。世界中からアーティストが集まり、民族音楽と舞踊を披露する、函館の夏の野外フェスティバル。札幌のPMF野外コンサートも最高(もちろん今年も行きました!)だが、こちらはアーティストと観客の距離が近く、より一体感を味わえるお祭りである。

今年で6回目だが、つちはやっと今年参加することができた。今回は8月4日から10日まで、5つのステージをローテーションで、毎日約27組のアーティストがパフォーマンスを披露する。
「はこだて国際民俗芸術祭」ラトビア2 「はこだて国際民俗芸術祭」ラトビア1


つちが訪れたのはメイン会場の元町公園。一番大きなアトラスステージに最初に登場したのは、ラトビアのフォークダンスグループ『カルヴェ』
       「はこだて国際民俗芸術祭」トルコ 「はこだて国際民俗芸術祭」トルコ2
トルコからはたった1人でやってきた『サーカン・カプラン』。「一人相撲」と言われるトルコの伝統舞踊を披露してくれた。写真は裏表で男女を演じ分ける踊り。
       「はこだて国際民俗芸術祭」もぐフェス トルコアイス 「はこだて国際民俗芸術祭」もぐフェス パエリア
元町公園内には「もぐもぐフェスティバル」という屋台村が設置され、世界の料理を味わえる。人気はトルコの「のび~るアイス」と、巨大鍋で作るパエリア、タンドールで焼く本格インドのナン。ナンは行列が出来てました。
       「はこだて国際民俗芸術祭」もぐフェス インドナン 「はこだて国際民俗芸術祭」フランス
一際注目を集めていたのが全身を朱色にペイントした怪しい悪魔のような人物。彼はフランスのシャンソン・ロックグループ『ユークロニー』のメンバー。いつの間にかガラスアートの水口議氏の作品で飾られた公園内の木によじ登っていた。
「はこだて国際民俗芸術祭」ステージ 「はこだて国際民俗芸術祭」公会堂ライトアップ
さてそうこうしているうちに開場はすっかり闇に包まれて来た。この日のメインステージのトリは京都の『ドレクスキップ』

客席一番後ろの一番高い位置からステージを見下ろすと、夜の海の中に浮かんでいる船のよう。何とも幻想的。これは世界の港町、函館ならではの最高の演出だ。

ちなみに振り返ると公会堂のライトアップも楽しめる。

しかし驚きなのは、これだけのイベントを民間主導・・・というか有志市民で運営しているということ。函館の魅力とはまさにそこにあるのではと思った。

「はこだて国際民俗芸術祭」は10日まで続きます! 1日パスポートは500円。函館近隣の方はもちろん、わざわざ札幌から行く価値あり!

2013.08.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。