スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別クレープ『CAFE HACK BERRY』

江別のクレープ屋さんと言えば、『自然卵のクレープ』しか知らなかったつちだが、東光町にも専門店があると聞き、この度初訪問。

東光町・・・もしかしたら初めて足を踏み入れたかもしれない。それは静かな場所に、レンガ造りの倉を思わせる店が静かに佇んでいた。
       江別『CAFE HACK BERRY』店内 江別『CAFE HACK BERRY』ポテトサラダエッグ
築60年の民家をセルフリノベーションしたという店は、外観も店内も余計な装飾が一切なく、潔い。それでも温かさを感じるのはやはり歴史ある建物だからなのか。

こちらの店はテイクアウト、イートインのどちらも可能。しかも”お食事系”クレープがあるのが嬉しいところ。本日はその”お食事系”狙いである。

”お食事系”だけでも14種ある中で、軽めで北海道らしいものをと選んだのが「ポテトサラダエッグ」。登場してみると”軽く”はない。結構なボリューム。アイスクリーム型のポテトサラダ2山と目玉焼き、マヨネーズのトッピングは、デザートクレープのようにも見えて微笑ましい。

このクレープ生地にはライ麦粉がブレンドされていて、香りも味わいもインパクトが強い。食感はモチモチとしていて、これまた力強い。お食事系クレープと言えばそば粉のガレットだが、ライ麦粉というのも悪くない。いや、非常にいい!

余裕があればデザート系も行きたいところだが、やはりそんな勇気はなかった。近いうちに再訪を心に誓った。

クレープ生地に使うのは江別製粉の小麦粉、ソフトクリーム、カスタードクリームやブラウニーなどトッピングも出来るだけ自家製で、添加物を少なく・・・とこだわっているそうだが、店内を見ても、メニュー表を見ても、そんな誇示は全くない。店内装飾と一緒で、控え目なのかもしれない。

営業時間は19:00まで。黄昏時が似合う店かも知れない。そんな大人な雰囲気のクレープ屋さんなのである。色々な風景、色々な時間を過ごしに来てみたい。


『CAFE HACK BERRY』

江別市東光町25-8-2
TEL:011-398-8845
11:00~19:00(火曜定休)
※江別駅方面から東光橋を渡ったらすぐ右折(はり・きゅう整骨院の看板手前)

2013.07.24 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

コメント

大人な雰囲気♪

ぬくもりを感じさせる築六十年の建物、華美な装飾のない外観&内装…。
キャピキャピ(←古い表現かしら…笑)なギャルたちで賑わう街中のクレープ屋さんとは、まさしく対極にある佇まいでしょうか。

最初に写真を拝見して、えっ?何だろう?アイスクリーム?とビックリ。
ポテトサラダに目玉焼きだったのですね…!
食べてみたい!
ライ麦粉というのも、断然「アリ」ですよね。
目からウロコだなぁ…!

さまざまな季節や時間帯に再訪し、おやつ系クレープにもトライされた時のレポ、
楽しみにお待ちしています!♪

2013-07-27 土 13:45:32 | URL | さざぴ #d819E29w [ 編集]

さざぴさま

そうなんです。我々世代(?)にとって、クレープ=原宿ですよね~
なんか、それ考えただけで汗が出てくる。。。

しかし、落ち着いた室内でナイフとフォークで頂くクレープもいいもんですよ!

次回レポはカミングスーン♪ お楽しみに。

2013-07-27 土 19:44:17 | URL | つちばく #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。