スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別『萩原農場』と『はぎわらファーム』

6月6日(木)江別でも遅れていた田植えがほぼ終了し一山超えた・・・ということで、久しぶりに畑を訪問。この日は『ケータリング美利香』メンバーとして一緒に活動している萩原隆子さんのところへ、レタスを頂きに上がった。なんでも萩原家の定番メニューだという「レタスのしゃぶしゃぶ」を「食べたい!」と言ったところ、”レタスが出来たら採って行っていいから自分でやってみなさい”という有難いお誘いを受けたのである。

とは言え、この時期すでにハウス物のレタスは終了し、間もなく露地物の登場を迎えようとしていた。
替わって今ハウスで採れているのは、キュウリ、ズッキーニ。隆子さん、ハイ、ポーズ!
       江別『萩原農場』レタスの圃場 萩原隆子さんとズッキーニ


そして、キャベツ。ここでまた、隆子さん、ハイ、ポーズ!
       江別『萩原農場』キャベツ 萩原隆子さんとキャベツ
豆類やルバーブ(露地)も大きくなっていた。今月15日(土)には直売所もオープンする予定。やっと賑やかな季節が到来した!

さて『萩原農場』を後にして向かったのは『はぎわらファーム』。江別青年農業者グループ『I'm fine』でもお馴染み萩原利彦さんが、今年はホウレン草のハウス栽培で新しい試みをしていると言う。
       江別『はぎわらファーム』のほうれん草ハウス栽培 江別『はぎわらファーム』いきいきペール
一見普通のホウレン草栽培だが、強いて言えばこの曰くあり気な白いバケツの存在か。聞けばただのバケツにあらず、「抗酸化溶液」という酵素が含まれているそうだ。その詳しいメカニズムはもう少し勉強してから触れたいと思うのだが、利彦氏はこのバケツに水を溜めハウス内に置くことで、作物の抗酸化力を高めて肥料や農薬に頼らない栽培を目指しているという。
       江別『はぎわらファーム』ほうれん草 江別『はぎわらファーム』萩原利彦さん
確かにホウレン草は元気にやんちゃに育っている。もともと環境保全が目的でこの試験栽培を始めたそうだが、今後は作物の栄養価や味など、食べた人への影響も課題になる。これは先が楽しみだ!

2013.06.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。