スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

GWと正月を振り返る・・・

ぐずぐず天気のGWが終わり、気がつけば1週間以上が経過していた。つちは有難いことに忙しい日々を過ごさせて頂きました!

そんな中で、GWと言えば、毎年恒例の「春の大掃除」と、北広島ビストロ『ル・ミディ』での打ち上げディナー・・・これだけはプライベートなレクリエーションとして楽しんだ。と言っても、あまりの天気の悪さに掃除の方は完結せず。それでも5月6日(月)、GW最終日の夜は北広島へと向かった。

恒例の”儀式”となってから何年目だろうか?ともかくこちらでは未だにコースを頂いたことはなし。そして毎回チョイスするメニューも固定化している。
       北広島『ル・ミディ』タコのマリネ 北広島『ル・ミディ』鴨のテリーヌ


「キャロットラペ」 、「タコのマリネ」とテリーヌ、いつもは「パテ・ド・カンパーニュ」だが、今回は「鴨のテリーヌ」を選んだ。
       北広島『ル・ミディ』仔牛レバーのソテー 北広島『ル・ミディ』牛赤ワイン煮
メインで定番は「仔牛レバーのソテー」。それに今回は「牛の赤ワイン煮」をプラス。

いつものメニュー、いつもの味。久しぶりに実家に帰ってきた息子が、おふくろの味を懐かしむみたいに、この味に癒されるのだ。

ところで、GWよりさらに遡ること、今年の1月。『ル・ミディ』の一橋シェフがかつて働いていた、東京・青山の『ラ・ブランシュ』に行って来た。言わずと知れたフレンチの重鎮、田代和久シェフの店である。
       青山『ラ・ブランシュ』野菜のマリネ 青山『ラ・ブランシュ』菊芋のカプチーノ フォアグラソテー添え
記憶がかなり怪しくなっているが、この日プリフィックスメニューで頂いたのは、前菜に「色々な野菜のマリネ」、ココットにたっぷりの「ポークリエット」。添えてあるのは「パン・ド・エピス」だったかな?

次は田代シェフのスペシャリテ「イワシとじゃがいものテリーヌ」と天秤にかけ悩んだ挙句、やはり捨てるわけにはいかなかった「菊芋のカプチーノ フォアグラソテー添え」。古典フレンチにおいてキクイモは、この通りフォアグラのお相手をするほどの高級食材(?)なのだ!!もちろん相性はバッチリ♪
       青山『ラ・ブランシュ』本日のお魚 青山『ラ・ブランシュ』川俣軍鶏の黒米包み焼き2
「本日のお魚料理」。魚の種類は何だったか・・・スミマセン忘れました!見た目オシャレではないけれど、1つ1つ丁寧に味付けされた野菜やソースがいくつも添えられ、とても繊細な一皿。

お肉料理は「川俣軍鶏の黒米包み焼き」を選んだ。シェフの故郷、福島県川俣町の軍鶏の丸いお腹を割ると、たっぷりと黒米を食べていた!この料理は子供のころよくおばあちゃんが作ってくれた黒米の料理が原点だと言う。ぞういえば前菜で登場した「野菜のマリネ」もどこか漬け物のようであった。
       青山『ラ・ブランシュ』チョコレートのスフレとアイス 青山『ラ・ブランシュ』レモンタルト
「きのこのクレームブリュレ」(!)を挟み、デザートは「チョコレートのスフレとチョコレートのアイス」。小菓子の「レモンタルト」も素晴らしかった。

食事が終わると田代シェフが大きな体を揺らしながら、ちょっと照れくさそうな表情で各テーブルへ挨拶に回る。料理と同じ、飾り気やてらいのない姿だ。よく見るとこの店には全く女っ気がない。スタッフはオール男子。太い指でメニューを指し示す、ちょっと無骨な若いホールスタッフも何だか愛嬌があって憎めない。そんな店だ。

『ル・ミディ』の名前を出すと、シェフの顔が一気に緩んだ。一橋シェフのスペシャリテ、夏の「ウニのパイ包み焼き」の話をすると、「ナニそれ?なんだかウマそうだね。」とニマニマ。一橋シェフと共に『ラ・ブランシュ』開店時から田代シェフを支えてきた、サービスの岡部さんも「一橋君を知ってるの?」と嬉しそうに飛んできた。岡部さんによると一橋シェフは「あんないい人滅多にいない」そうである。

とてもあたたかな一時を過ごした。帰ろうとすると、入口付近の客席1テーブルを使って、骨董のような品々が並べられていた。そういえばつい先ごろ亡くなった料理写真家の佐伯義勝氏の遺品の撮影小物を、田代シェフが一部買い取ったことが新聞記事になっていた。お聞きすると大事に並べられていたのはまさにその遺品の数々であった。

故郷や人との思い出を大切にしながら積み重ねてきた時間が、今この空間に流れている。無条件に懐かしく心癒されるのはそんな歴史があるから。そしてその時間は、『ル・ミディ』の時間とも繋がっている。

2013.05.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。