スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

旅するカフェ~江別『北海道鳥濱珈琲館 cafe-OLD TIMES』

3月28日(木)、「江別を食べちゃいな祭 with 瑞穂のしずく 新酒発表会」に向かう途中、読みかけの本をかかえてこのカフェを訪れた。

もう長いこと気になってはいたが、機会がなくこの日ついに!

住宅街の、かなり奥まった場所にある、いかにも北の洋館といった佇まい。中に入ると吹き抜けで、ホールのように縦横に開けた空間。窓辺に沿ってゆったりとテーブルが配置されている。どこに落ち着こうかしばらくキョロキョロしてしまったが、暖炉の赤い火に誘われ、そのすぐ傍の席にどっかり腰を下ろした。
        江別『北海道鳥濱珈琲館 cafe-OLD TIMES』2 江別『北海道鳥濱珈琲館 cafe-OLD TIMES』


色々軽食も充実しているようだが、鳥濱ブレンドを頼んだ。ロイヤルコペンハーゲンのカップ&ソーサーに注がれたコーヒーには炭酸水が添えられていた。炭酸水で口の中をスッキリさせてからコーヒーを味わうようだ。鳥濱ブレンドは酸味と苦味が程よいバランスで飲みやすい。

コーヒー片手に本をじっくり読もうと思って入ったのだが、ここには気になるものが沢山あってなかなか集中できない。壁面に開けられたボックス型の飾り棚には、各々味わい深い彫刻作品がピタリとはまっている。床には随所にギャベが悠々と横たわっている。これもコレクションのようだ。
       江別『北海道鳥濱珈琲館 cafe-OLD TIMES』4 江別『北海道鳥濱珈琲館 cafe-OLD TIMES』3
つちの背後にはラピス・ラズリの原石と、『天空の城ラピュタ』に登場する飛行石の物語が暗示されている。

お話を聞くと、これらはオーナーが海外で購入しては送ってくるお宝の一部。今までは札幌の倉庫に眠っていたものを、このカフェのオープンとともに移動して展示しているそうだ。その中でも最大規模なのが、壁面上部に掲げられた昔の飛行機のプロペラだ(どうぞ探してみてください)。

2階はまた雰囲気が変わり、書斎のような空間になっている。書棚にはなかなかバラエティーに富んだ背表紙が並ぶ。「OLD TIMES」というより非日常、異次元世界に飛んでしまったような感覚を味わえる。

しかしこのコレクションの目利きをしているオーナーとは一体どんな方なのだろうか? どうしても「八十日間世界一周」に出てくるフォッグさんのような紳士を連想してしまう。

まさに世界一周気分を味わえる店だが、会計レシートの裏には小さな島で暮らしたトーベ・ヤンソン(ムーミン作者)の言葉が記されている。最後までファンタジーに満ちた店だった。

しかし・・・あ~禁煙だったらなぁ
と思うのは俗物的?


『北海道鳥濱珈琲館 cafe-OLD TIMES』

江別市上江別西町39-5
TEL 011-389-6851

(10:30~20:30 水曜日・第2火曜日定休)

2013.04.04 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

コメント

あ、3月28日に私も行ってましたヨ。
ここは近所でよく来るのですが、禁煙だったらもっと良いのに・・・と私も思います・・・・。

2013-04-06 土 09:27:02 | URL | RIPOSO. #- [ 編集]

RIPOSOさま

えーーーっ! 同じ日に・・・ですか?
なんと、偶然!

禁煙タイムがあるといいですよね~

2013-04-08 月 20:18:20 | URL | つちばく #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。