スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

市役所『福利食堂』の農家のかあさんランチ、最終回はナポリ♪

江別市役所の地下『福利食堂』にて、前年12月より月替わりで江別農家のかあさん考案メニューが登場する企画、今月が最終回である。

12月・・・ 「はるちゃんのハヤシライス」
1月・・・ 「米村牧場・味噌漬ポークソテー、牧場の熟成チーズかけご飯」
2月・・・ 「えべつ野菜丼」
そして、3月は「農家のかあさんナポリタン」、満を持して登☆場!

江別・・・農家・・・かあさん・・・ナポリ・・・この郷愁を呼ぶ名称に期待感は高まる。

今回ちょっと出遅れ気味の3月15日(金)、胸を焦がしながら『福利食堂』を訪れた。
つちの顔を見るなり、すぐにいつものマダム、いや、マンマが「あ、いらっしゃいました。ナポリ1つお願いします。」なんて厨房に合図してくれる。いやはやすでに食堂そのものがつちにとって懐かし「Home Sweet Home」って感じだ。「ただいまぁ~マンマ!」
       農家のかあさんナポリタン 豆サラダ



このナポリタン、『エムアイ工房』「手作りケチャップ」「手作りピューレ」を使った一品。『エムアイ工房』と言えばロールケーキと大福とおこわで有名だが、実は自家製トマトのケチャップとピューレは設立当初からのロングラン商品。江別に数ある農家製ケチャップの中では、最もあっさり系である。

ところで最後にナポリタンを食べたのはいつだろう?最近は本場イタリアで食べられている色々なパスタが紹介されて、イタリアンレストランではこういう和製パスタにお目にかかることがない。今ナポリタンが主に生息しているのは、やはり”喫茶店”だろうか?

さて「農家ナポリ」だが、つちの中にある”プツプツ途切れる麺に、ソースが思いっきり吸い取られてパサパサ、残念な感じ”という「喫茶店ナポリ」のイメージを一掃してくれた。

ピュレとケチャップを合わせたソースは惜しげなくたっぷり使われ、麺はツヤツヤ、瑞々しい。酸味と甘味のバランスも絶妙で、食べ飽きない味。

付け合せは『エムアイ工房』の蒸し大豆を使った「豆サラダ」。この大豆がふっくら滑らかな食感で甘い!大豆ってこんなに美味しかったの~と再認識させられる。

この日は限定20食が完売していた。予約しておいてよかった!

「農家ナポリ」は480円、3月29日(金)までの期間限定。そういえばナポリ最近食べてないな~という方、是非こちらへ足を運んでみてください。


『福利食堂』

江別市高砂町6 江別市役所庁舎 B1F
TEL:011-382-4141
11:30-14:00(土・日・祝休み)

2013.03.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。