スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

初めてのアルパカは・・・

さてマルシェからマルシェへと渡る途中、思いつきで立ち寄ったのが江別『アースドリーム角山農場』。今年の11月3日(祝・月)までプレオープン中で、有料エリアに300円で入場できる。

有料エリア内には何があるかと言えば、動物たちとのふれあいコーナー。

人間を含め動物とは一定の距離を確保する主義(?)だが、”生きた”アルパカ”を一度見て見たかったのだ。
       『アースドリーム角山農場』アルパカ1 『アースドリーム角山農場』アルパカ2
立体パズルのようになっているのは実は親子。いい加減大きいのだが乳離れしていない・・・と思いきや、弟が生まれて”赤ちゃん返り”したとか。

ちょっと様子がおかしい、アフロな彼。
       『アースドリーム角山農場』アルパカ3 『アースドリーム角山農場』アルパカ4
彼方の君と目が合った・・・と思ったら~ いつの間にか目の前に! 素敵な前歯です。どうやら目が合ったら、”エサ”、の合図らしい。
       『アースドリーム角山農場』うさぎ 『アースドリーム角山農場』ミニ豚
アルパカ以外にも小動物がイロイロ。ミニウサギにミニ豚などなど。もうベタベタに触られているが、実に見事に「無抵抗」。

コートでしか見たことのないアルパカと生で初対面したのだが、なぜかプードル状に刈り込まれた違う生き物になっていた・・・

スポンサーサイト

2014.09.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

当別「ファーマーズマーケット太美ちゃん」 

ついに今週は9月→10月への変更線を越えてしまう。月が”2ケタ”になると途端に自分も”老けた”気になる。

な~んて、湿気たオヤジギャグはともかく、「さっぽろオータムフェスト」も終了し、各地で競うように開かれていたマルシェ、マーケットもそろそろ幕切れとなる。

そんな訳で9月28日(日)は、あわててまだ巡っていないマルシェをはしごした。

当別で今年初めてのチャレンジとなったのが、「ファーマーズマーケット太美ちゃん」。 『ふとみ銘泉 万葉の湯 』のエントランス内外で毎月最終日曜に開催されている。まだまだ始まったばかりで規模は小さいものの、冬季も雑貨などを中心に継続する予定だそうだ。
       「ファーマーズマーケット太美ちゃん」 『ファーマーズガーデン・びとえ』青柳百合子さん 「ファーマーズマーケット太美ちゃん」 『ファーマーズガーデン・びとえ』ジャム


【“当別「ファーマーズマーケット太美ちゃん」 ”の続きを読む】

2014.09.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 当別

当別『BAGEL・DOG さんりん舎』

さて「第11回フィールデイズ イン ジャパン」会場を後にして向かったのは当別・蕨岱。この辺りは275号線を当別に向かう途中、常にビューンと通過しているのだが、なんの”取っ掛かり”もないのでつちにとっては空白地帯。そこに気になるスポットが登場した。

なんと、今年度の『シェ・キノ クッキング』を受講している小長井ゆりさんが、今年から本格的にドッグラン&カフェをオープンさせたという。土日祝のみの営業だから、なかなかタイミングが合わなかったのだが、この度ようやく訪れることができた。その名も『BAGEL・DOG さんりん舎』

しかも驚きなのは、こちら、廃校になった「当別町立蕨岱小学校」を利用しているのである。明治44年開校、平成19年閉校というから100年近い歴史があったのだ。閉校後は企業などの手に渡り転々とし、小長井さんが5番目の所有者という。
       BAGEL DOG 『さんりん舎』入口 BAGEL DOG 『さんりん舎』窓


【“当別『BAGEL・DOG さんりん舎』”の続きを読む】

2014.09.26 | | Comments(2) | Trackback(0) | 当別

「第11回フィールデイズ イン ジャパン」

9月20日(土) 雨も上がり、すっきりと晴れ渡った朝だったので、久しぶりに「フィールデイズ イン ジャパン」を覗きに出かけた。このイベントは「環境に負荷をかけないモノづくりをしている生産者と、消費者や外食業者、流通業者をつなぐことです。そして食に携わるすべての人々が一緒に楽しみながら相互の理解を深め、さらに農業や環境の未来を考えて新しいあり方を発信していくこと」(創地農業21HPより)を目的としているそうだ。今年で11回目とは!
       「第11回フィールデイズ イン ジャパン」羊毛フェルト1 「第11回フィールデイズ イン ジャパン」羊毛フェルト2


【“「第11回フィールデイズ イン ジャパン」”の続きを読む】

2014.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 当別

「シェ・キノ クッキング」、今度は”根ものづくし”

9月17日(水)は毎月恒例江別フレンチ『シェ・キノ』による料理教室=「シェ・キノ クッキング」の日。前回”トマトづくし”だったので今度は”ジャガイモづくし”と勝手に踏んでいたら、ちょこっとヒネリが利いていた。テーマは「みのりの秋だ~根もの野菜だ~料理だ~」。ちょっとどうしちゃったんでしょう・・・的なタイトルだが、根もの野菜にスポットを当てたメニューが勢揃い。
   キノクッキング2014_09木下淳シェフtr キノクッキング2014_09ゲストの『宮川農園』
そして今日はゲストに江別・篠津『宮川農園』ご一家を迎え、その野菜をフィーチャーしたスペシャル企画だ。

 ☆人参のサラダ オレンジ風味
 ☆大根と鶏モモ肉のポトフー 根生姜クリームソース
 ☆江別宮川農園の男爵芋のグラタン
 ☆江別産クリームチーズと宮川農園のカボチャのクラフティ
 ☆ポテトパン(江別産インカのめざめ・小麦粉使用)


【“「シェ・キノ クッキング」、今度は”根ものづくし””の続きを読む】

2014.09.24 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

三笠『TAKIZAWA WINERY』

9月15日(月) お出かけ日和の連休最終日、三笠に向かった。

途中、栗丘にストップバイ。 地元の稲作農家『善生農園』が経営する『夕日ヶ丘レストラン善生』に立ち寄ると、店の外にまでお待ちのお客様が・・・
   栗丘『夕日ヶ丘レストラン善生』 栗丘『夕日ヶ丘レストラン善生』「善生バーガー」 tr
入り口のメニュー看板で見つけた新作の「善生バーガー」をテイクアウトできるか聞いてみると、15分程度待ってもらえばとのことだったのでお願いした。説明では『善生農園』の米で作ったリゾットを挟んだものとのこと。こういう想像のできないものを食べるのはダイスキである。

やがて現れたバーガーはやけに嵩張っている。開けてみると・・・アラッ、バンズはないのね? リゾットをカリっと揚げたものがパテ代わり、そしてバンズの代わりにレタスが何層にも上下に重ねられている。理想的な組み合わせなんだけれど、食べにくさは絶大。店内でナイフとフォークを使って食べる方がおすすめかも。それにしてもファームレストランはどこでも賑わっている。

本日の目的地は三笠の『TAKIZAWA WINERY』

たわわに実をつけたブドウ並木(?)の丘の頂上にピカピカの建物が見える。昨年完成したばかりの醸造所兼ショップ。醸造所はコンパクトで、発酵に適した一定の温度を保つよう床暖房が設置されているそうだ。
   三笠『TAKIZAWA WINERY』 三笠『TAKIZAWA WINERY』滝沢信夫代表 tr


【“三笠『TAKIZAWA WINERY』”の続きを読む】

2014.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

根もの野菜の季節

葉物野菜から始まり、実もの、根もの野菜へと季節は移ってきた。『まるごと江別グルメ教室』終了後、向かったのは江別・豊幌の『いとうファーム』
       伊藤聖子さんの根パセリ1 伊藤聖子さんの根パセリ、イタパセ、フェンネル
目的はこれです!「根パセリ」!!!先日『ラ・サンテ』で頂いたあの「根パセリ」だ。

一昨年に出会ってからすっかり気に入って、聖子ちゃんに栽培をお願いしていた。料理方法は、前回より少し進化させて、ステーキに。塩振ってオリーブオイルで焼くだけだからほぼ同じだけれど。

堅そうに見えて、結構すぐ火が通り、ホクホクに。実に甘い。パースニップと同じじゃないかと言う人もいるようだが、葉の形が違うし、別もの。根パセリの葉はイタリアンパセリそのものだ。
       伊藤聖子さんの根パセリ、イタパセ、フェンネル 伊藤聖子さんの小しょうが
ということでイタリアンパセリの根も食べられるんじゃないかと掘ってもらった。そして『ラ・サンテ』で食べたフェンネルの根も。さすがにこちらは食べるところが殆どない! それでも根性でイタパセの根、食べてみた。うん、美味しい。本当です。

聖子さんの生姜も新生姜で採れ始めた。根もの野菜はこれからどんどん美味しくなっていく。

2014.09.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

『まるごと江別グルメ教室』

9月11日(木)、夜中から早朝にかけての大雨は尋常じゃなかった。けれど「朝ドラ」の時間には太陽が明るく照っている状態。まぁ、なんて奔放な天候なんだろう。

この日は『まるごと江別グルメ教室』の日。もちろん何事もなかったように開催されたが、講師役の江別農家の母さん達の中には、雷の轟く中、びくびくしながら包丁を持ってブロッコリーの収穫をしていたという人も。ちなみに包丁に雷が落ちた・・・という実話はないそうだが。

今回のメニューは、「野菜たっぷりグルメカレー」「生春巻」だった。
       『まるごと江別グルメ教室』2014年9月「野菜たっぷりグルメカレー」 『まるごと江別グルメ教室』2014年9月「生春巻」
カレーはなんと12種類の野菜が入っている! とうきび入りというのが北海道らしく、また夏らしい。野菜をあらかじめスパイス入り白ワインでマリネしておくというのがポイント。

「生春巻」は薄焼き卵を重ねることで色合いも美しくなる。なかなかグリーンサラダを食べてくれないお父さん、お子ちゃまにはこんな工夫が有効かも。
       『まるごと江別グルメ教室』2014年9月1 伊藤智恵美さんのショフォンケーキ りんごのコンフィチュール添え
そしてこの料理教室のお楽しみは講師からのプレゼントメニュー。本日は伊藤智恵美会長による「シフォンケーキ りんごのコンフィチュール添え」。りんごのサクサク感を残したさらりとしたコンフィチュールは智恵美さんのこだわり。うーん、売り物にしてほしい。

今回も野菜たっぷりな『まるごと江別グルメ教室』であった。

2014.09.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

当別『ファーマーズガーデン・びとえ』のB&B

9月9日(火)~10日(水)・・・といえば、石狩地方を襲ったあの大嵐の前、前々日、つちは当別で宿泊体験をしていた。

『ファーマーズガーデン・びとえ』、以前「秘密の花園 in 当別」としてご紹介した青柳邸である。あの時、必ずまた戻って来たいと宣言したのが、やっと現実のものとなった。

この2日間とも不安定な天候との予報だったが、すっきりと晴天が覗いて気持ちよかった。不安定どころか最悪になったのはその翌日。
       『ファーマーズガーデン・びとえ』 『ファーマーズガーデン・びとえ』のバラ


【“当別『ファーマーズガーデン・びとえ』のB&B”の続きを読む】

2014.09.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 当別

NHK『ほっとニュース北海道』に手打ちパスタ体験が登場します

さて回顧録をいったん中断して、お知らせ。

9月19日(金)18:10からのNHK『ほっとニュース北海道』で、『食彩人』農村体験プログラムの一つ、「『手打ちパスタ』と『コーヒー焙煎』 に挑戦!~ログハウスでの手づくりパーティー 」が紹介される。
       NHK『ほっとニュース北海道』1 NHK『ほっとニュース北海道』2
9月16日(火)は撮影日。体験者は斉藤花奈リポーターと江別・篠津『宮川農園』の嫁=宮川育美さん、そして息子のタク坊。
       NHK『ほっとニュース北海道』3 NHK『ほっとニュース北海道』4
撮影には3時間ほどかかったのだが、放映されるのは数分とのこと。どう編集されるかはお楽しみ。

18:30頃からのコーナーとのこと。お時間ある方は是非ご覧ください。

2014.09.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 当別

江別『米村牧場』の生乳で、藤女子大の「生チーズ」

さてのどかだった9月8日(月)の『米村牧場』に、藤女子大花川キャンパスの食物栄養学科の女学生さんたちが、朝からチーズづくりに勤しんでいた。

藤女子大「生チーズ」名前はシンプルに「生チーズ」。”生”というのは加熱していないナチュラルチーズということを表しているようだ。

名前からのイメージ通り口当たりソフトで、チーズの匂いはないため”食べる牛乳”といった感じ。牛乳って甘いんだなぁと再認識させられる。わさび醤油やハチミツで・・・などがおすすめの食べ方とのことだが、つちとしてはストレートに牛乳の甘みをかみしめたい。

現在は『米村牧場』の生乳を使って、同工房内で製造しているが、学生さんたちの目的は石狩市酪農家の6次産業化で、今後は市内の酪農家に業務を引き継ぎたいそうだ。

こちらは樽川『JAいしかり地物市場とれのさと』で販売中。1個(160g)450円

2014.09.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

江別『米村牧場』 秋の景色

江別は昨日9月12日(金)、まる1日断水という災難に見舞われた。

その4日前、9月8日(月)はすっきりと天高く穏やかな1日だった。つちは江別・角山『米村牧場チーズ工房プラッツ』に体験プログラムのお客様をお迎えした。
       江別『米村牧場』生まれたてのブラウンスイス 江別『米村牧場』母ブラウンスイス
この日、楽しみにしていた初めてのブラウンスイスの出産があり、生まれたばかりの子ブラウンスイスとご対面。この子はメス、まだ繋ぎに慣れていないため、必死で1人綱引きをやっていた。心配そうにのぞいているのはジャージー。

母ブラウンスイスは別棟でゆったりお食事中。
       江別『米村牧場』牛乳を飲むホエーミルク豚1 江別『米村牧場』牛乳を飲むホエーミルク豚2
放牧「ミルクホエー豚」も食事の真っ最中。こちらは好物の牛乳をお召し上がりになっていた。大分太ってきたなぁ。
       江別『米村牧場』放牧中 江別『アースドリーム』
米村牧場は今年から放牧を始めた。こんな日は牛たちも本当に気持ちよさそうだ。

米村牧場の隣にできたのがトンデンファームの経営する『アースドリーム角山農場』。11月3日(月・祝)までプレオープン中。

平和な1日だった。大雨のことも断水のことも思いもよらなかったのである。

2014.09.15 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

『ラ・サンテ』、2014年も「野菜を楽しむコース」♪

『ラ・サンテ』の夏のおたのしみ「野菜を楽しむコース」もなんと7年目である。つちは2008年の第1回から一度たりとも欠席をしていない。もちろん今年も。7年連続の皆勤賞である。
       『ラ・サンテ』グリーンゼブラトマトとインゲンと大樹「半田ファーム」のルーサンのサラダ 『ラ・サンテ』インカのめざめのアンチョビバター
9月7日(日)、今回はこのコースを支える生産者=伊藤聖子さんを含む5人グループで賑やかな食卓となった。まず最初に現れたのは、定番メニュー「グリーンゼブラトマトとインゲンと大樹・半田ファームのルーサンのサラダ」。 大分黄みがかったグリーンゼブラは、中のゼリーがトロッとして独特の食感になる。酸味は大分弱くなっているが、つちはこの位熟したのが好み。インゲンも聖子ちゃんの手によるもの。そして今回も聖子ちゃんの野菜がこのコース全体の主役だった。

続いては新じゃがの登場。「インカのめざめのアンチョビバター」 インカとアンチョビは塩辛以上の名コンビ・・・だと思う。


【“『ラ・サンテ』、2014年も「野菜を楽しむコース」♪”の続きを読む】

2014.09.13 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

150人分の『ケータリング美利香』

ご無沙汰です! とPC画面に挨拶してしまった。半月ぶりの更新!! それではこの半月を振り返って~

9月4日(火)、『ケータリング美利香』にとって活動開始以来最大のイベントが行われた。野幌公民館にて、酪農学園大学主催の「平成26年度全国大学付属農場協議会秋季全国協議会」の懇親会用、150名様分のケータリング!

規模はもちろんだが、道外のお客様に北海道の食の豊かさを、農家の母さんたちならではの家庭的な料理で表現するという重大任務。今回はテーブルセッティングにも気を配り、季節感や農家らしさ、女性らしさ(?)を漂わせてみた。

つちはそのテーブルセッティング担当だったのだが・・・、残念! 写真はなし。自分で撮るどころか、眺める暇もなかったというのが正直なところ。あーーー誰かに撮影を頼んでおくべきだった。 1枚だけ代表ー小栗美恵のブログ(9月5日)に掲載されているので、ご参照を。

気を取り直してメニューの一部をご紹介。粉ものシリーズ。
       『美利香』とうもろこしのタルト 『美利香』ルバーブのパウンドケーキ
「とうもろこしのタルト」「ルバーブのパウンドケーキ」
       『美利香』ワインとパンと 『美利香』のガーリックトースト
「ワインにあうパン」「美利香のガーリックトースト」

山ほど反省点があって押しつぶされそうだけれど、新たな試みも出来て大いに勉強させて頂いた。おかげ様で称賛のお言葉を沢山頂戴しているようである。つちは家に帰ったら腰が立たなくなっていた・・・

2014.09.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

まるごと、まるごと江別!!

8月30日(土)、快晴、暑い、そして熱い江別の1日だった。江別市民会館の中で外で、4つのイベントが同時開催。いやぁ~賑やかだった。

熱い・・・と言えば、振り返り見て「煙が目に染みる」、これが今イベントの印象だった。

まず初開催となる『まるごと江別2014』では、市内の多種多様な飲食店が出店。一際長~い行列を作っていたのが江別フレンチ『シェ・キノ』。名物「江別キッシュ」はもちろん外せないのだが、普段店では決してオンリストされないワンハンドメニューを見逃せない。
       『まるごと江別』にて『シェ・キノ』木下淳シェフ 『まるごと江別』にて『シェ・キノ』サバティーヤ


【“まるごと、まるごと江別!!”の続きを読む】

2014.09.01 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。