スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「食べ方で地球が変わる」

札幌は「読書の秋」を通り越して真冬の景色だが、今日は本のご紹介。

5年前発行の本、「食べ方で地球が変わる~フードマイレージと食・農・環境」が面白かった。

「フードマイレージ」といえば、それこそ5年近く前、スウェーデンのある環境団体の講演を聞いた時、彼らが「地産地消」を「フードマイレージ」の観点から実践していたのが印象に残った。日本では「地産地消」と言うと、「食糧自給率」や最近では「TPP」問題への関心から、国内農業維持や安心・安全を目的にしたものとして語られることが多いように思ったからである。

さて本書は「身近でとれた農産物を食べるだけで確実に世の中は変わる」ということを、各方面から専門家が解説するものである。様々な数的指標も提示されている。

「フードマイレージ」とは食料の輸送量(t)と輸送距離(㎞)を掛け合わせたもの(単位=t・㎞)であり、それに伴うCO²排出量の指標とされる。

ちょっと古いが2001年の日本の輸入食料のフードマイレージは約9000億t・㎞だそうである。

これは、同年の韓国・アメリカの約3倍、イギリス・ドイツの約5倍、フランスの約9倍とも。

身の周りは豊かな食が溢れているけれど、つくづく自給できていないなぁ・・・と同時に、この豊かさのために他国のどこで、そして地球に対してどんな負荷を与えているかについて、私たちは自覚できていないと思うのだ。

「バーチャル・ウォーター」という指標も登場した。これは輸入食料を輸入国で生産した場合を仮定して必要な水量を計算したもの。つまりその食料を輸入することが、どれだけ輸出国の土地から水を輸入しているに等しいかを示すもの。

2000年の日本のバーチャル・ウォーター総輸入量は640億㎥で、そのうち半分程度は飼料、つまりは私たちが食べるのために使われる水ということ。そして総輸入量の6割以上がアメリカを占め、まさにアメリカ大陸の水に我々は依存しているということがわかる。もちろんそれは無限ではない。

概念としては理解していたつもりだが、こうして数字を突きつけられると、あらためて自覚が足りなかったということに気が付くのである。

さてこの本が訴えているのは政治的施策でも、企業の経済活動でもない。私達個人の「食べ方」への提言である。

本当に今の日本は食が豊かだ。数量、種類が多いと言うこと以上に、私達には「選択する自由」が与えられている。自由が確保されているということは、自分の選択に対し責任を負うということである。自分の選ぶ食料の1つ1つが、政治への1票であり、企業への投資でもある。

かく言うつちも、遠き国々の食べ物が大好きな人間である。しかし、最近意識していることがある。日本の伝統食は国産を選ぶということだ。豆腐の原料の大豆、酢や煎餅の原料の米など。そして身近に生産者のいる農産物、小麦粉や乳製品などは北海道産。野菜は旬のものを生産者から買い、保存食を作る。ない時は基本的に保存食でしのぐ。傍から見ると豊かな食生活とは言えないが、十分心は満たされ潤う。

完全に自己満足ではある。しかし個人で出来ることから1つずつやって行くしかない。正しいとまでは行かなくとも、できるだけ周りを汚さない、自分に許された「食べ方」を追及していくしかない。

スポンサーサイト

2013.11.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

クリスマスに如何?~11月の「シェ・キノ クッキング」

11月20日(水)、江別フレンチ『シェ・キノ』主催の料理教室も今年最後を迎えた。

今回は定年通り、ちょっと早めながらクリスマスを意識したメニュー。

 ☆江別キッシュ
 ☆パンとチキンのスープ
 ☆かすべのムニエル 軽いトマト煮込み
 ☆ホワイトクリスマス米粉ロールケーキ


ではいつもの通りデザートの「ホワイトクリスマス米粉ロールケーキ」から。米粉のロールケーキと言えば、2010年の第1期料理教室では10月にお米のクリームのフィリングで作っているが、今回は一味違う。
       キノクッキング2013「ホワイトクリスマス米粉ロールケーキ」2 キノクッキング2013「ホワイトクリスマス米粉ロールケーキ」3


【“クリスマスに如何?~11月の「シェ・キノ クッキング」”の続きを読む】

2013.11.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』今年最後のケーキ達

11月16日(土)「江別サタデーマーケット」のその足で江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』を訪ねた。プティのお菓子とも、恐らくこれが今年最後のご対面。今月いっぱいで今年の営業が終わるからである。
       江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』おもてなしのミントティ 江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』りんごのパイタルト
この日は英国から届いたミントティーの嬉しいおもてなしがあった。

ショーケース内には色鮮やかな「りんごのパイタルト」、雪の結晶柄の「ショコラのチーズタルト」など。
       江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』ショコラのチーズタルト 江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』レモンのヴィクトリアケーキ
そしてショーケース上にはつち待望の「レモンのビクトリアケーキ」。 ああ、どれも夢の世界。

最後なのでどれもこれもと手が伸びる。さっきから”最後、最後”というのも、冬期休業中のお楽しみ、 「メリメロ」が今回はないのである! 実はプティは来年秋にリニューアルを予定しており、この冬は準備に専念するとのこと。

春のオープンは3月27日(木)を予定しているとのこと。長いお休みだけれどまた必ずここに帰ってくるだろう。『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』はそういう店なのだ。

2013.11.23 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

江別「農家のかあさん土曜市」始まる

いよいよ始まった。「江別サタデーマーケット」とご案内してきたのだが、どうやら「農家のかあさん土曜市」が正式名称のよう。

11月16日(土)最初の開催は「江別河川防災ステーション」。いつものように初回は先着順に限定の餅が配布されるため、入口に行列ができていた。

今期は野幌10丁目の『イオンタウン江別』での開催も2回予定されており、計7回となる。毎回ブランニューアイテムを中心に紹介しよう。
       由仁・三川『雨野農園』ジャムのせクッキー 由仁・三川『雨野農園』の手作りほうき
今回はゲスト農家さんが由仁から参加されていた。由仁・三川の『雨野農園』は、自家栽培したほおずきや由仁産の果物をジャムにして販売している。写真はその「ジャムのせクッキー」

その傍らに手作り箒も売っていた。一つ一つ表情が違うのが味だ。隣のご婦人がどの子を連れて帰ろうかと、じっくり吟味されていた。なんと500円。
       江別・豊幌『清水農園』2Lゆり根 江別・豊幌『清水農園』手作り小物
さてゆり根の江別・豊幌『清水農園』はもうお馴染みメンバーだが、こんな巨大ゆり根を発見! 2Lサイズ? ご立派に育ちました。

そして同じく『清水農園』では布小物も新たにお目見えした。ポーチとティッシュケースがお揃いだったり、がまぐちの大小サイズがあったりと、ちょっとお土産にも良さそう。

さてさてまだまだ続く今季の江別『農家のかあさん土曜市』。次回は明日11月23日(土)、 『イオンタウン江別」にて開催。9:00~16:30まで。

2013.11.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

江別の畑~雪中の宝さがし

11月14日(木)の『まるごと江別グルメ教室』終了後、久しぶりに江別・豊幌『いとうファーム』を訪れた。なんと一面の雪。20㎝は積もっているという。

この日は毎年栽培をお願いしている黒キャベツ=カーボロネロを収穫するのが目的だったのだが・・・
       江別『いとうファーム』の雪中黒キャベツ 江別『いとうファーム』雪中ターニップ
聖子さんの導きでこの辺というところにスコップを入れると、おお、おおお、出てきた、出てきた! 雪を跳ねのけ、気持ちよさそうにピンと背を伸ばす黒キャベツ。彼らはとても丈夫な体の持ち主だ。

さらに聖子さんはこの時期にやっと美味しくなるターニップを掘り出してくれた。カブと大根の中間のような存在だが、香りはラディッシュに似ている。どうにも中途半端な野菜だが、火を通すと柔らかくトロッとした食感が堪らない。

さらに雪中からイタリアンパセリ、ミニフェンネルのスティッキオなどが掘り出された。江別の畑はまだ眠っていない。

2013.11.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

11月の『まるごと江別グルメ教室』

11月14日(木)は今年最後の『まるごと江別グルメ教室』。今月は年末(?)ならではの大増量メニュー。物凄い品揃えだった。

 ☆鶏手羽元と大豆の甘酢煮
 ☆豆なミネストローネ
 ☆蒸しパン2種類
 ☆もち米しゅ”う米”
 ☆カキとすり身の野菜揚げ
 ☆大和芋のいそべ揚げ
 ☆大和芋の青じそ揚げ

この7品に講師陣からのサービスメニューも加わるという豪華な内容。
       『まるごと江別グルメ会』伊藤智恵美さん 『まるごと江別グルメ会』植村久子さん
今回の講師は伊藤智恵美さん植村久子さん
       『まるごと江別グルメ会』鶏手羽元と大豆の甘酢煮 『まるごと江別グルメ会』豆なミネストローネ


【“11月の『まるごと江別グルメ教室』”の続きを読む】

2013.11.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

『FARM IN EBETSU』vol.4終わる

1週間、あっという間に過ぎてしまった。11月10日(日)4年目となる『FARM IN EBETSU』が開催された。
       『FARM IN EBETSU』vol4 『FARM IN EBETSU』vol4「シェ・キノ 牛肉の塩パイ包み焼」
定員を上回る180名近くのご来場があったそうだ。

つちは相変わらずワインコーナーでサービス担当。フル回転していたので、またも料理、会場の様子、催しを殆ど見る余裕もなく終わった。こちらの写真は開場前にささっと撮ったもの。


【“『FARM IN EBETSU』vol.4終わる”の続きを読む】

2013.11.18 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

『ビアバー ノースアイランド』~江別が誇るクラフトビール

さて『喫茶 紙ひこうき』のイベントの後、もう1つの目的の地へと向かった。『ビアバー ノースアイランド』。江別に工場を構える手作りビールの『ノースアイランドビール』直営のバーである。

以前・・・と言っても遠い昔、札幌に工場があった頃にお邪魔して以来のご無沙汰。現在は工場は江別、バーは二条市場の近くへと移転している。

カウンターと立ち飲み席のみの店内は満席状態の大繁盛ぶり。立ち飲み席の片隅に陣取ったが、なかなか居心地がいい。ビールはオリジナルの全種類の他、ゲストビールとして他のクラフトビールが1種類月替わりで飲める。
       『ビアバー ノースアイランド』ホップでマリネした鶏もも肉のコンフィ 『ビアバー ノースアイランド』カラメルモルトのポテトフライ
下戸のつちはビアバーにあってアップルジュースを飲みながら食事の方をメインで楽しんだ。メニューも充実している。特に面白かったのが、「ホップでマリネした鶏もも肉のコンフィ」「カラメルモルトのポテトフライ」など、ビアバーならではのメニュー。

『ビアバー ノースアイランド』ラムのチリコンカン「ラムのチリコンカン」もインパクトのある味わい。どれも本格的だ。

しかも何がいいって、こちらは「完全禁煙」! 拍手!!!

この日は以前工場に訪れた際に案内して下さった堤野貴之さんが珍しくサービスを担当されていて、「あれ?明日会うじゃないですか!?」と驚きの声を上げた。

そう、翌日の『FARM IN EBETSU』vol.4に『ノースアイランドビール』は出店するのだ。そしてつちはワインコーナーに。そんな訳でひそやかに前夜祭を楽しんだのであった。


Beer Bar NORTH ISLAND(ビアバーノースアイランド)

札幌市中央区南2条東1丁目1-6 M's二条横丁 2F
TEL 011-303-7558

18:00~24:00(月曜定休)

2013.11.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

ワインとスイーツと音楽と

さて週末ベント第2弾、札幌『喫茶 紙ひこうき』のライブイベント、「極上のワインと音楽で秋のスィーツを楽しむ夕べ」
       『喫茶 紙ひこうき』「ワインと音楽とスィーツを楽しむ夕べ」タルトタタンとマロンショコラ 『喫茶 紙ひこうき』「ワインと音楽とスィーツを楽しむ夕べ」ライブ
『喫茶 紙ひこうき』ではライブを行っているのだが、今回はその音楽に、オリジナルスィーツとワインを合わせるという特別企画。1つは「タルトタタン」「マルセル ラピエール レザン ゴローワ」。もう1つは「マロンショコラ」「フロイデ ラインヘッセン アウスレーゼ」。特にマロンショコラのマリアージュが素晴らしかった。

ライブもクラシックからジャズ、アニソンまで幅広く、楽しいステージとなった。
       『喫茶 紙ひこうき』「ワインと音楽とスィーツを楽しむ夕べ」近藤マスター&ママ 『喫茶 紙ひこうき』「ワインと音楽とスィーツを楽しむ夕べ」キッシュ
今年から代替わりで新たにオーナーになった若き近藤ご夫妻。通常のメニューでもパティシエでもある近藤真衣子さんの技を味わうことができる。ショーケース内のパンプキンキッシュも美味しそうだった!

これからがもっと楽しみな店である。

2013.11.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

「ホクレン新品種パネル展示会 in 留萌」

怒涛の週末が過ぎ、札幌に雪がやってきた。

11月8日(金)は『ケータリング美利香』の仕事で留萌へ。毎年恒例になっている「ホクレン新品種パネル展示会」に試食料理を提供した。留萌は遠しと思いきや、江別から一般道で2時間以内に到着。しかし天気は大荒れ。江別を朝6時に出た時には、なんとヒョウが降っていた!
       「ホクレン新品種パネル展示会2013」 「ホクレン新品種パネル展示会2013」『FMもえる』の電話取材を受ける小栗美恵代表
つちは何故か苦手なカボチャを担当。お相手は「MKS-K878」というロボットみたいな名の品種。物凄い粉質でそのままだと喉詰まりしそう。用意したのは2品。「カボチャの生姜酢マリネ」「パンプキンバター」

ところで今回は地域FM『FMもえる』の電話取材があった。番組パーソナリティーは前回留萌のステキなランチにアテンドして下さった米倉礼子さんだ
「ホクレン新品種パネル展示会2013」レンジでおこわレタス巻き
出演した小栗美恵代表。顔が写らなくて残念だと申しておりました。。。

前回試作会の「レンジでおこわピーマン詰め」は、本番では「レタス巻きレンジおこわ」に衣替え。

新品種発表会では素材を味わうことが目的なので、味付けを押え、料理として完成させないのがコツ。これがなかなか難しい。

毎回勉強です。

2013.11.11 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

『FARM IN EBETSU』に出ます~江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』

今週末10日(日)に行われる『FARM IN EBETSU』vol.4のデザート部門を担当する江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』。今年はどんなスイーツを運んでくれるのだろうか?
       江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』かぼちゃのマドレーヌ 江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』かぼちゃのタルト
ところで10月31日(木)はハロウィンだった。久しぶりに訪れた店内はパンプキンでいっぱい。実はあまりカボチャが得意でないつち、ちょっとためらったのだが、「そんなに”カボチャカボチャ”してないですよ~」という結城恵パティシエの声に後押しされ。マドレーヌとタルトを購入。言葉通りカボチャはぐーっと後に引いて謙虚に香っている。これもまた、結城さんらしいなぁ。
       江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』りんごのクランブルタルト 江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』フォレ・ノワール
その他ショーケース内は秋のムード。「りんごのクランブルタルト」や黒い森のケーキ「フォレ・ノワール」など。こりゃ、何度か来なきゃダメだ。

『FARM IN EBETSU』にご来場の皆さまはどうぞお楽しみください。

2013.11.09 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

秋の『ラ・サンテ』で今年最後の江別産グリーンゼブラ

大分前になってしまったが10月26日(土)、お祝い(?)事もあって札幌・宮の森フレンチ『ラ・サンテ』に実りの秋を求めて訪れた。

いつもながらクドクド述べずにメニュー紹介し、写真で皆さまに味わっていただこうと思う。
       『ラ・サンテ』厚岸産牡蠣のポッシェ カレー風味 根セロリとカブのピューレ添え 『ラ・サンテ』秋サバと茄子のテリーヌとグリーンゼブラトマト
「厚岸産牡蠣のポッシェ カレー風味 根セロリとカブのピューレ添え」で滑らかなスタートを切り、続いて秋の『ラ・サンテ』を代表するメニュー、「秋サバと茄子のテリーヌ」。そして本日はこの”サバテリ”スペシャルゲストが! なんと江別『いとうファーム』伊藤聖子ちゃんの手による今年最後のグリーンゼブラトマトだ。夏に頂くのととは一味違って、爽やかさの中に温もりを感じる。ともに並べられたモロッコインゲンと赤大根の「紅くるり」も格別旨い! 本当にもう野菜の季節が終わってしまうなんて信じられない。


【“秋の『ラ・サンテ』で今年最後の江別産グリーンゼブラ”の続きを読む】

2013.11.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

当別&札幌『紙ひこうき』ライブ♪

札幌 喫茶『紙ひこうき』極上のワインと音楽で秋のスィーツを楽しむ夕べ今週は3連休、そして来週末は個人的に3連イベント。8日(金)は『ケータリング美利香』による「ホクレン新品種パネル展示会」in留萌、10日(日)は江別・食と芸術の祭典『FARM IN EBETSU』vol.4

そして9日(土)、札幌『紙ひこうき』で行われる「極上のワインと音楽で秋のスィーツを楽しむ夕べ」♪ マダムでありパティシエでもある近藤真衣子さんが作るスイーツ、それに合わせてワインエキスパートがセレクトしたワインを楽しみながらライブを楽しむというラグジュアリーなイベントである。

実は事前に真衣子さんのスイーツを試食させて頂いたのだが、もうワインなしにこれだけで酔わせてくれるほどエレガント。ワインとライブが加わったら、もうメロメロ(?)かも。これはすごい体験になりそう。

ところで遡ること2週間、10月20日(日)は当別『紙ひこうき』にてライブが開催されていた。ケルトや北欧音楽を奏でる『hatao & nami』。札幌出身のhataoさんはアイリッシュフルートやティンホイッスルを中心に様々な笛を演奏している。森の妖精のようなnamiさんはピアノとハープの演奏者。現在お二人は大阪を拠点に活動している。
       hataonami.jpg nami.jpg
hatao氏は次から次へと色々な笛を操り、ケルトや北欧の伝統音楽、そしてオリジナル曲をたっぷり聴かせてくれた。贅沢な休日~

それにしてもケルト音楽と北欧音楽の双方を演奏する音楽家が多いのは何故? 歴史的に9~10世紀頃、バイキングがアイルランドに入植したことから、民族的にも文化的にも当然深い結びつきがある。さらにケルトも北欧も多くの神話が伝え残されているように、自然崇拝や多神教の思想が今も息づいている。それは日本も。

日本で古くからアイルランド民謡が親しまれていたり、現在の北欧ブームなどを見ても、3者はどこか深いところで通じているのかもしれない。『hatao & nami』の音楽も初めてなのになぜか懐かしい。

ところでつちが何故か大和魂を覚える巨石遺跡のような旧帝国ホテルの設計者、フランク・ロイド・ライトが、浮世絵コレクターでケルト文化に通じていたというのも頷ける。

2013.11.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 当別

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。