スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

留萌「るもいたこめし共和国」に行く

10月21日(月)留萌を訪れた。来月に行われる「ホクレン新品種パネル展示会」『ケータリング美利香』が試食メニューを提供するため、調理室と会場を視察するのが目的だ。

穏やかな小春日和、留萌の街中も穏やかだった。つちと小栗美恵『ケータリング美利香』代表の目的はもう1つ。”留萌で美味しいものを食べる”だ。

といっても彼の地の情報には全く疎い我々、強い味方に案内をお願いすることにした。 『株式会社エフエムもえる』米倉礼子さんだ。

米倉さんには以前「がっちりるもい体験」でお世話になり、以来度々”交信”させて頂いている。
       『エフエムもえる』米倉礼子さん 『ハワイアンカフェ ルアウ』甘エビのトマトクリームソース
その米倉さんが毎週のように通うという店が留萌駅からほど近い『ハワイアンカフェ ルアウ』。こちらが留萌エリア食文化の発信基地ともなっているようだ。

沢山のメニューの中から我々が選んだのは、留萌産小麦を使ったパスタ=「RuRu Rosso」「甘エビのトマトクリームソース」「寧楽共働学舎のとんかつ」。そして甘エビと並び留萌の代表的な海産物、ミズダコを使った「留萌たこタコライス」
       『ハワイアンカフェ ルアウ』寧楽共働学舎のとんかつ 『ハワイアンカフェ ルアウ』留萌たこタコライス
この他、南留萌『さとうファーム』産「ななつぼし」(新米)と、寧楽共働学舎の卵を使ったスープなどなど・・・どれも美味! 地元の食材をただ使うのではなく、”大事に調理している”の伝わってくる。

オーナーはハワイをこよなく愛するご夫妻。店内の壁には奥様のハワイアンキルト作品が飾られている。しかしお二人はハワイ以上に留萌をも愛している。ご主人の渡辺千春さんは、なんと「るもいたこめし共和国」の国王も”兼任”しているとのこと。ということは、ここは共和国の城?

共和国オリジナル「留萌たこタコライス」は、「ラーメンサラダ」にも劣らない新感覚メニューだった。国王自ら腕を振るってくれるのもスペシャルだ。

新メニュー開発にも余念ないこのお店。いつ行っても発見がありそうだ。


『ハワイアンカフェ ルアウ』

留萌市栄町3-2-19 古林ビル1F
TEL 0164-43-8021

8:00~19:30(不定休)

スポンサーサイト

2013.10.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

江別でブームの秘伝豆

もう枝豆も終わり、大豆の収穫期に入ってきたが、10月半ばに『まるごと江別グルメ会』で話題の中心になっていた枝豆がある。その名も「秘伝」

枝豆秘伝なんでも日本最大級の大きさだという。なるほど以前もらって冷凍しておいた他品種の枝豆と比較したら、こんなに違う!

「美味しくて、毎日腹壊す位食べてる」と、江別女性農業者の間で密かなブーム。

早速頂いてみたが、青くささはなく、大豆そのものの旨みがある。そもそもは山形の地豆として大事に栽培されてきた青大豆だそうだ。大豆としても、枝豆としても美味しく、加工特性にもすぐれているとのこと。

10月に枝豆を食べているということからして、かなりの晩生。大豆としても頂いてみたいけれど、北海道では収穫が難しそう・・・

来年は「秘伝ずんだ」に挑戦してみたい。

2013.10.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

「そらちヘリテージツーリズム」

10月19日(土)、『NPO法人炭鉱の記憶推進事業団』主催の「そらちヘリテージツーリズムモニターツアー」に参加。全く畑違いのつちだが、昨年「そらち×いしかりプロデュース会議」に列席したご縁で、こちらでご一緒した当事業団の前田亜紀事務局次長からお声掛けを頂いた。1つ1つの出会いを大事にすべし。

さてこの日は、これから空知の産業遺産を軸にした教育プログラムを企画・販売していくための、いわばダイジェスト版によるモニターツアー。かなり駆け足で様々な資源を見て回った。参加者は観光関連事業者や大学関係者、海外からの留学生など20名程。

バスで札幌から高速に乗り美唄へと向かう。途中、近年ワイナリーが観光の目玉となっている三笠の達布山を通過。車窓から展望台がちらりと見えた。達布山の頂上には一度登ったことがあるのだが、他に人の姿はなく展望台があるのが不思議な位寂しい印象だった。

実は達布山はその眺めのよさから、明治初めにはすでに公園として整備され、山田顕義、山県有朋、井上毅、板垣退助など数多くの要人も訪れているほど政治的にも重要な山であった。そして現在の「道道月形峰延線」(月形~峰延15㎞)開削のため、この頂上で狼煙をあげて目印にしたそうだ。この道路は樺戸集治監の囚人を明治12年に開坑した幌内炭鉱での採炭に当たらせるためのもので、その開削自体も囚人によって行われたそうだ。その過酷な労働については以前ご紹介した江別在住作家、成田智志氏「監獄ベースボール」にも描かれている。

同じ頃、明治15年、幌内炭鉱の石炭輸送のため、幌内鉄道(幌内~小樽手宮間)が、新橋~横浜、大阪~神戸間に次いで日本で3番目に開通。

前置きが長くなったが、明治期の日本において「そらち」がまさに政治的にも経済的にも要所、そして近代日本の出発点であった。それを前提に今回のツアーは始まるのである。
       「そらちヘリテージツアー」前田亜紀次長と藤原正さん 「そらちヘリテージツアー」吉岡宏高理事長と三菱美唄炭砿立坑櫓


【“「そらちヘリテージツーリズム」”の続きを読む】

2013.10.24 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

お米のフルコース~「シェ・キノ クッキング」♪

10月16日(水)、毎月お楽しみの江別フレンチ『シェ・キノ』による料理教室が開催された。

メニューはこの時期定番となっている「お米のフルコース」。江別の新米と米粉を使って前菜からデザートまで※づくしとなった。

 ☆玄米入りスープ ミネストローネ風
 ☆江別産米でパエリア フライパン仕上げ
 ☆豚ロースのライスパネ 蜂蜜マスタード風味
 ☆江別産米粉のおもしろデザート

       キノクッキング2013年10月『江別産米粉のおもしろデザート」1 キノクッキング2013年10月『江別産米粉のおもしろデザート」2
まずはいつも通りデザートの「江別産米粉のおもしろデザート」。この全く形状、味とも想像のつかないデザート、木下シェフが米粉のプリンの試作中、偶然”発見”し、「おもしろかった」のでこの名になったとか。


【“お米のフルコース~「シェ・キノ クッキング」♪”の続きを読む】

2013.10.17 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

『ケータリング美利香』は留萌へ~

毎年『ケータリング美利香』が試食品を提供させて頂いている『ホクレン新品種パネル展示会』。今年はなんと留萌支所での開催となった。前々回は岩見沢、前回は苫小牧と、目的地は次第に遠のいて行くのだが、それでもお声を掛けて下さるホクレンさんに感謝。

さて10月11日(金)、野幌公民館にて留萌に向けての試作及び打ち合わせが行われた。今回も新品種の顔ぶれは同じ。
       『ケータリング美利香』くりふぶきの生姜酢マリネ 『ケータリング美利香』きたかむいのきんぴら
カボチャの「くりふぶき」、馬鈴薯の「きたかむい」
       『ケータリング美利香』ひかるのマスタード和え 『ケータリング美利香』人参のきんぴら
同じく馬鈴薯「ひかる」、ニンジンの「紅ぞろい」
       『ケータリング美利香』野菜入りバターピラフ 『ケータリング美利香』もち米ピーマン詰め
米の「ほしまる」、それにスイートコーンの「ポロピリカ」。さらに今回は、新品種ではないが、もち米を一般家庭でもっと普及させたいとの依頼を受け、簡単もち米料理を試作中。写真のピーマン詰めはアドリブで作ったもの。意外にも蒸しピーマンが美味しい!

ちなみに美利香メンバーの中では馬鈴薯のひかるが人気。もう何年も普及活動(?)しているのだが、なかなか市場にお目見えしない。

さてさて本番は11月8日(金)。どなたでも入場可能なので、お近くの方は是非お越しください。

2013.10.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

実りの秋~『まるごと江別グルメ教室』

10月10日(木)はお楽しみの『まるごと江別グルメ教室』♪ じゃがいも☆かぼちゃ☆じゃがいも・・・の北海道の実りの秋を満喫するメニューだった。

 ☆じゃがいもニョッキの具だくさんスープ
 ☆甘さ控えめ!カボチャようかん
 ☆じゃがいもの中華饅頭


『まるごと江別グルメ会』じゃがいもの中華饅頭何と言っても本日の圧巻はじゃがいも饅頭。きたあかりを使ったもっちり皮の中には春巻きの具のような中華味の餡がぎっしり詰まっていて、これ1つで完全食。フライパンで焼き色をつけたら、最後にバターの風味を加えるのがポイントだ。やはりじゃがとバターは相思相愛。

茹でて潰したきたあかりをニョッキにも使った。具だくさんスープは生姜が効いていて、こちらもちょと中華風。餃子スープのようなイメージ? ニョッキをこんな風にスープで頂くのは初めてだが、色々バリエーションが利きそう。ポタージュ系でもトマト味でも、また和風でも!

デザートは見目麗しいカボチャようかん。小豆は今回甘納豆を使ったのでとっても簡単。砂糖を入れず、甘納豆とカボチャの自然な甘みだけでとてもさわやかな味わいだ。
       『まるごと江別グルメ会』じゃがいもニョッキの具だくさんスープ 『まるごと江別グルメ会』甘さ控えめ!カボチャようかん

グルメ会ならではメニューに感嘆!来月はいよいよ新米メニューが登場。またレポートをお楽しみに!

2013.10.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

『FARM IN EBETSU』の季節

久しぶりの更新。現在、家内大引越し中で大忙し。TV、オーディオに続き、あの”大物”まで捨ててしまった!しかし年末に大掃除をするとあんなに辛いのに、今やると快適なのはなぜだろう? やはり寒くないからかな。。。

さて今日の話題は『FARM IN EBETSU』vol.4開催のお知らせ♪

秋も深まったこの時期、必ずやってくる江別FOOD FESTIVALだ。今回の隠し(?)テーマは「健康」とのこと。そして初出店は、江別甘味処『あずき』。ヘルシ~な和スイーツが並ぶのかな? 乳がんを患いながら活動を続けているゴスペルシンガー『KiKi』のライブもあり。

今回再び「江別コミュニティセンター」に戻っての開催となる。

毎回チケットは早々に売り切れるので、お早目にどうぞ。


【日 時】 2013年11月10日(日)
            <アートコーナー>   1F小ホール 16:00~
            <スペシャルディナー> 1F大ホール 16:30会場、17:00開宴

【場 所】 江別コミュニティセンター(江別市3条5丁目11-1)

【前売り】 一人様 5,000円(ブッフェ&フリードリンク)

☆『レストラン シェ・キノ』、『ダイニング 木の家』、『豆工房 小林珈琲店』にて前売り券販売中!


farm in ebetsu2013

2013.10.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

「石窯フルコース」がNHK「ネットワークニュース北海道」に登場!

10/4、今年大幅に内容をリニューアルした『食彩人』農村体験プログラム「石窯フルコース」が、NHKの夕方のニュース番組「ネットワークニュース北海道」で紹介されることになった。
       「石窯フルコース」NHK「ネットワーク北海道」取材1 「石窯フルコース」NHK「ネットワーク北海道」取材2
10月1日(火)、よりにもよって大雨の中、1日がかりの撮影が行われた。出演するのはリポーターの花岡けい子さん、佐藤信廣オーナー他、お二人の体験者。つちは裏方です。
     「石窯フルコース」NHK「ネットワーク北海道」取材3 「石窯フルコース」NHK「ネットワーク北海道」取材4
放送時間は5分程度とのことだが、収穫体験から、石窯ナンづくり、野菜の塩釜焼きまで、体験内容の全てをじっくり時間をかけ収録。撮影もさることながら編集もさぞかし大変でしょう。。。 「これからはニュース一つでも、これだけ時間がかかってると思って、心して見ます。」とご一緒して下さった体験者談。確かに・・・
       「石窯フルコース」スープカレー1 「石窯フルコース」スープカレー2
それに先立ち9月29日(日)、佐藤さんとつちは石窯ナンと一緒に召し上がって頂くカレーのグレードアップを図るため、スープカレーの専門家による講習を受けた。

味の決め手は香辛料の調合、そして大量の玉ねぎ。NHK撮影班にも好評を頂いた。

10月4日(金) 18:10~「ネットワークニュース北海道」を是非ご覧ください!

「石窯フルコース」は11月まで体験申込受付中!!!

2013.10.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 当別

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。