スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

『ケータリング美利香』の料理教室

8月29日(木)農家の母さんが自慢の味と”愛”を届ける『ケータリング美利香』が、千歳市文化センターにて、札幌市の「地産地消フードエキスパート養成講座」の一講座として料理教室の講師を務めた。
    『ケータリング美利香』料理講習会2 『ケータリング美利香』料理講習会 tr
『ケータリング美利香』として料理講習を行うのは初めて・・・とあって不安はあったものの、始まってしまえばお手の物!和気藹々、スムーズに進行し、お陰様で料理も大好評だった。

この日のメニューは、今が旬「コーンスープ」、「カボチャのおろし和え」、
       『ケータリング美利香』コーンスープ 『ケータリング美利香』カボチャのおろし和え
「レタスとトマトの卵炒め」、「いも団子の小豆餡かけ」、
それに定番「ハスカップ寿司」。そしてメンバー江別の萩原隆子さん特製「キュウリの塩麹漬け」が振る舞われた。
       『ケータリング美利香』レタスとトマトの卵炒め 『ケータリング美利香』いも団子の小豆餡かけ
これぞ”地産地消メニュー”。 図らずも肉、魚のない、いつものメニュー構成に落ち着いたのだが、”野菜だけじゃ物足りない”という既成概念は吹っ飛んだと思う。さらに言うと使った調味料の種類も少ない。

参加者の皆さんからの感想は、「工夫次第でわずかな味付けで美味しくできた」、「採りたてのコーンがいかに甘いかわかった。」、「揚げ物でも胃腸に負担なく食べられた。」、「レタスが主役になる料理は初めて」、「”よいとまけ”以外のハスカップの美味しさを知った。」などなど。

料理講習は対話しながら、また直接反応を見ながらの、我々にとっても素晴らしい学習の機会。これからケータリングのみならず、こういう講習会にもどんどんチャレンジしていきたい~『ケータリング美利香』の一メンバーの思いであった。

スポンサーサイト

2013.08.31 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

「MaY MARCHE」はトマト祭り

8月24日(土)マーカス・ボスさん主催のマルシェ=「MaY MARCHE」に今年初訪問。

もちろん江別『いとうファーム』の色々ナスや、『宮本農園』の”エミメロン”はレギュラー出場しているのだが、何と言っても今はトマト盛り!

岩見沢『ビオファームなかむら』からはシシリアンルージュや、”ほのか”というブランド名をつけた糖度9度以上のミニトマトなど。安田雅人さんおすすめは”プリムトマト”と名付けられた先の尖った奇妙なミニトマト。こちらは意外にも野性味溢れる味わい。

お気づきでしょうか? トマトは”房どり”です! 安田さん苦心の作、ニンニクのリースも、ヨーロッパのマルシェの雰囲気。
 「MaY MARCHE」2013年3 「MaY MARCHE」2013年2 「MaY MARCHE」2013年1
さてこの直後、パトカーの登場、違法駐車の取り締まり開始という非常事態が起こり、慌てて撤退することとなった。皆さん、市電でお越しください。

「MaY MARCHE」は10/5まで毎週土曜10:30~13:00開催中!

2013.08.28 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

8月の「キノ・クッキング」♪

8月21日(水)は毎月恒例、江別フレンチ『シェ・キノ』による料理教室。今回のテーマは「まだまだ暑い夏料理」・・・ということで、涼を誘う料理あり、スタミナ料理あり。いずれにしてもいつも通り満腹メニューだった。

 ◆インゲンとブロッコリーのキッシュ
 ◆新ジャガのヴィシソワーズ
 ◆ラム肉のミンチの軽い煮込み ミントの香り
 ◆ファー・ブルトン


まずはデザートから。「ファー・ブルトン」はフランス・ブルターニュ地方伝統の家庭的なお菓子。ブルターニュといえばガレット、そしてクレープ。この「ファー・ブルトン」はまさにクレープ生地を焼いたようなものだ。
       キノクッキング2013年8月「ファー・ブルトン」1 キノクッキング2013年8月「ファー・ブルトン」2


【“8月の「キノ・クッキング」♪”の続きを読む】

2013.08.26 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

レタス収穫とレタススムージーの朝活

今年の夏は体を鍛える意味で色々肉体労働に取り組んでいる。

8月15日(木)、お盆のど真ん中は、江別・篠津『はぎわらファーム』にて早朝5:30からのレタス収穫。10時の出荷までに8個入りのコンテナで80ケース(たしか・・・)分収穫しなければならない。
       『はぎわらファーム』レタス収穫1 『はぎわらファーム』萩原利彦さん
しっかりした巻きのものを選別しながらの神経を使う作業だ。と言ってもつちにそんな見立てが出来るわけではないので、専らコンテナ詰めとトラックの積み込み専門。

地味な単純作業だが、こちらで言う「レタスクルー」は皆20代~30代前半の”ザ・ヤング”ばかり。若い人と一緒だと、自分も若いように錯覚して気分がいい。
       『はぎわらファーム』レタス収穫 西脇佳代さん 『はぎわらファーム』レタススムージー1


【“レタス収穫とレタススムージーの朝活”の続きを読む】

2013.08.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

『石窯フルコース』+竹細工体験

8月13日(火)は当別『フレンドリーファーム』にて、今年リニューアルした『石窯フルコース』体験を実施した。

お客様は、『食彩人農村体験プログラム』3回目の参加となる大阪の上野ファミリー。上野純子さんは、昨年つちが訪れた大阪の『都島工芸美術館』に勤務される竹工芸高度専門士だ。
       2013年8月『石窯フルコース』体験石窯ナン1 2013年8月『石窯フルコース』体験石窯ナン2
『石窯フルコース』石窯ナン、野菜の塩釜焼き、佐藤信廣オーナー特製スパイシーカレーの3本立て。今回の石窯ナンは佐藤家の自家製甘酒を練り込んでほんのり甘め。これがスパイシーなカレーに意外にも合うのである!
       2013年8月『石窯フルコース』体験石窯ナン3 2013年8月『石窯フルコース』野菜の塩釜焼き
塩釜焼きは、新ジャガ、ニンジン、カボチャ、ナガイモ、スッキーニ・・・ やはりナガイモが美味しい!


【“『石窯フルコース』+竹細工体験”の続きを読む】

2013.08.22 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

森町『政田農園』で出合った在来野菜

ベンティトレで函館近郊の旬を味わった後、そのお皿を彩っていた野菜達に会いに森町赤井川の『政田農園』に立ち寄った。

到着するなり、「ジャングルトマトはありますか?」と切り込んでみたが、農園主の政田道明さんは驚いた様子もなく、ゆったりと「ないんです~」と答えながら奥へと消えて行った。そして程なく戻ってくると、「試食ならどうぞ」とカットトマトが入った半透明のプラスティック容器を差し出した。

その様子から「ジャングル栽培トマト」はこちらの看板野菜の1つであると確信。実はベンティトレさんでマダムから「政田さんへ行かれるならジャングルトマトを是非!」と推奨されたのである。

いきなりの試食にいささか戸惑いながらも一口。思わず爪楊枝を飛ばす勢いで「うわっ!」と叫んでしまった。その中途半端に生温い果肉は、まるでトマトの味ではなかった。

「も、モモみたいですね!」

「トマト嫌いな人でも目隠ししたら食べちゃうよ。」と政田さん。それはそうでしょ、つちは目を開けていてモモだと思うのだから。

しかし残念ながら今日は完売して売り物はないという。それでは「及部きゅうりは?」と聞くと、「はいはい、今採ってきます。」とのこと。これは好都合。「自分で採ります」とすかさず後について行った。
       森町『政田農園』およべきゅうり2 森町『政田農園』およべきゅうり


【“森町『政田農園』で出合った在来野菜”の続きを読む】

2013.08.21 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

『La Cucina Ventitre(ラ クチーナ ヴェンティトレ)』が描く函館の夏

さてだい話は遡りますが函館遠征の続き~ 「はこだて国際民俗芸術祭」を満喫した翌日、函ぶらした後は昨年も伺ったイタリアン『La Cucina Ventitre(ラ クチーナ ヴェンティトレ)』でランチを頂いた。

前回は写真を撮れなかったのが心残りだったので、今回はバッチリ全メニューをご披露しよう!

ランチは前菜+パスタ+パン+デザート+食後の飲み物のセットで1500円。+1000円でメイン料理を頂くこともできる。今回はメイン料理を連れと2人でシェアすることにした。
       函館『ラ・クチーナ・ベンティトレ』生ハムメロン 函館『ラ・クチーナ・ベンティトレ』自家製パン


【“『La Cucina Ventitre(ラ クチーナ ヴェンティトレ)』が描く函館の夏”の続きを読む】

2013.08.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

「Do you 農?」~江別青年農業者との無料交流会!

8月25日(日)はイベントの集中日というお話を前回もしたが、その中でもう1つ、厳選したものをご紹介しよう!

『作る野菜好きと食べる野菜好きの交流会』Do you 農?表

こちらは『JA道央青年部江別ブロック』が、大消費圏=札幌のすぐお隣になりながら、野菜生産地としての知名度がいまひとつの江別をPRするために企画。

~江別はブロッコリー生産量で全国1、2位を争うほど~

って知ってますか?

当日は野菜収穫体験の後、本格ピザ釜で焼いた野菜たっぷりピザを農場にて味わえるとのこと。

次世代を担う若い農業青年たちが頑張っている姿を見てやってください!!!きっとこれからも応援したくなるはず。


Do you 農?裏JA道央青年部江別ブロックが贈る
作る野菜好きと食べる野菜好きの交流会

 
(参加条件) 18歳以上
(応募方法) Email:
         shinkou6.ebetsu@douou.ja.hokkaido.gr.jp
        FAX:011-384-4522(農協事務局 花山)
(料   金) 無料
(時   間) 10:00~14:30
(集合場所) 10:00 JR江別駅前
※雨天決行

2013.08.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

「江別野菜たっぷり満喫ツアー」

8月、9月は江別各地でお祭りやツアーが毎週末開催されていて大忙し。

本日は「江別野菜たっぷり満喫ツアー」をご案内しよう。

こちらは生で食べられる超高糖度スイートコーンの収穫体験、直売所での野菜の目利きミニ講習、それに農家のかあさん手作りランチ付きという内容。

ランチは豊幌『はるちゃんのケチャップ工房』岡村恵子さん特製「江別野菜たっぷりカレー」を予定。写真を見たけれど、確かに野菜がゴロゴロ入ってます!

朝採りブロッコリーのお土産も付くとか。これはお得です!


『もいで 味わって 大満足♪ 江別野菜たっぷり満喫ツアー』


 市内の直売所での買い物や、生でも食べられるスイートコーンの収穫体験、農家のおかあさん手作りの昼食、「江別野菜たっぷりカレー」など、地場産野菜の魅力あふれるツアーに参加してみ ませんか?朝採りブロッコリーのお土産もあります(予定)。

開催日/8月25 日(日) 10 時~ 14 時30 分
定員/ 25 名(先着)
参加費/ 1,500 円

主催/江別市「まち」と「むら」の交流推進協議会
申込・詳細/8月7日(水)~ 14 日(水)に農業振興課☎ 381-1025( 平日9時~17時)

【当日のスケジュール】

10:00      集合:江別市役所前
10:20 ~11:10 ふれあい農園きくたスイートコーン収穫体験(1人2本)
11:25 ~12:05 直売所:ふれあいの里
         ★ 農家の西脇さんから江別野菜についての解説。ブロッコリー1株おみやげ
12:30      昼食交流会(農村環境改善センター)
         ★ 農家のかあさん直伝「江別野菜たっぷりカレー」
13:55 ~14:15 町村農場ミルクガーデン自由に飲食・買い物など
14:30      解散:江別市役所前

2013.08.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

ピットさん、戸塚さんとの再会

話は前後します。
「地域づくりシンポジウム2013」
8月2日(金)「地域づくりシンポジウム2013」にて、ジャン・ロベール・ピットさん、そして奥様の戸塚真弓さんのご講演をほぼ3年半ぶりに聞くことができた。前回は「オホーツク地方自然公園構想国際シンポジウム2010」。光陰矢のごとし!

ピット氏はソルボンヌ大学総長を退任され、現在はフランス地理学会会長を務められている。地理学のご専門とはいえ、食文化に造詣が深く、今回のテーマも「北海道の食と農村を活かすテロワールの提案」。”美味しい”話題が満載だった。


【“ピットさん、戸塚さんとの再会”の続きを読む】

2013.08.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

「はこだて国際民俗芸術祭」で夏満喫!

8月5日、6日と函館に行ってきました!

目的は「はこだて国際民俗芸術祭」。世界中からアーティストが集まり、民族音楽と舞踊を披露する、函館の夏の野外フェスティバル。札幌のPMF野外コンサートも最高(もちろん今年も行きました!)だが、こちらはアーティストと観客の距離が近く、より一体感を味わえるお祭りである。

今年で6回目だが、つちはやっと今年参加することができた。今回は8月4日から10日まで、5つのステージをローテーションで、毎日約27組のアーティストがパフォーマンスを披露する。
「はこだて国際民俗芸術祭」ラトビア2 「はこだて国際民俗芸術祭」ラトビア1


【“「はこだて国際民俗芸術祭」で夏満喫!”の続きを読む】

2013.08.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

「畑でレストラン」の夢空間

7月31日(水)『コープさっぽろ』が主催する「畑でレストラン」に参加してきた。これは道内人気店シェフがキッチンカーとともに畑へやってきて、1日限りの野外レストランをオープンするという企画。昨年よりスタートした。

今年は6月から10月までに15回、毎回畑とシェフの組み合わせを変えて行われる。今回つちが参加したのは他でもない、由仁の『ふれあい体験農園みたむら』『ラ・サンテ』の夢の協演だったからである。

『ふれあい体験農園みたむら』の三田村雅人氏とはもう8年かそれ以上のお付き合い。お付き合いと言っても今回が数年ぶりの再会だった。会わなくても常に意識している人とは何人かいるものだが、つちにとって三田村さんはその一人。こうして農業者と関わるようになったきっかけを与えてくれた恩人でもある。

三田村さんはずっと一貫して消費者との交流を通して開かれた農業を目指して来た。さらに近年では新規就農を手助けし、生産者を増やす活動に力を注いでいる。

今年は2組の新規就農者が三田村農園内に自分たちの畑を作っている。研修生の受け入れなどはあっても、こうして実際に農地を自由に使わせてくれる農園は少ないのではないだろうか。
       「畑でレストラン」会場 三田村雅人さんと中村貴幸さん


【“「畑でレストラン」の夢空間”の続きを読む】

2013.08.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。