スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

八戸コナモン体験

5月24日(金)、前夜に「急行はまなす」で札幌を経ち、青森を経由して陸奥湊へ。魚菜市場をぶらつき、魚菜は一切買わず、何故か餅を買って八戸へ移動。まだ9時前。レンタカーの予約時間にはまだ間がある。ということで駅前の「八戸地域地場産業振興センター・ユートリー」を覘くと、オープン時間前なのにすでに開いていた。青森は朝も、そして夜も早いです!

特産品販売スペース入口に何やら作業場が。どうやら煎餅を焼いている。そう、ここは「南部せんべい」の里。煎餅を手焼きしてその場で販売する光景はこの後も度々目にすることになるのだが、こちらはちょっと様子が違う。
      「てんぽせんべい」実演3 「てんぽせんべい」実演1
「テンポ(もち煎餅)1枚80円」と張り紙されたガラス越しに、その”テンポ”を乗せた煎餅焼き器がバーナーに炙られている。


【“八戸コナモン体験”の続きを読む】
スポンサーサイト

2013.05.28 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

こぎん刺し体験♪

5月23日(木)、かねてからの念願だった「こぎん刺し」を体験してきた。

「こぎん刺し」は津軽地方の伝統工芸で、江戸時代に木綿の着用が許されなかった農民が、麻布の補強と保温を兼ねて刺し子をしたのが始まりと言われる。いわゆる実用から生まれた様式美=「用の美」として、柳宗悦が高く評価したそうだ。
       こぎん刺し体験1 イワハラマリコさん作品3


【“こぎん刺し体験♪”の続きを読む】

2013.05.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

当別産「きたほなみ」でパン試作

以前ご紹介した当別産小麦粉「きたほなみ」「ゆめちから」がいよいよ発売になったそうだ。

それを記念して(?)、5月21日(火)当別『長野パン教室』にて、「きたほなみ」のパン試作を実施した。

今回の課題は、

 1、きたほなみの美味しさがシンプルに味わえること
 2、家庭で簡単に作れること
 3、1時間以内で焼き上がること


という難しいもの。しかしさすがは長野妙子先生、これにしっかり応えてくださった。
       当別産「きたほなみ」のフォカッチャづくり 当別産「きたほなみ」のフォカッチャ


【“当別産「きたほなみ」でパン試作”の続きを読む】

2013.05.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

「オントナ」に『ケータリング美利香』掲載!

5月15日(水)発行の「オントナvol.1074」で、『ケータリング美利香』が紹介された。

この吉永小百合と見紛う(!?)美魔女が、我らが代表=小栗美恵

小栗のインタビュー記事。
 
「私たち生産者が自信をもって育てた食材について知ってもらい、安心して食べてほしいとの思いを消費者に伝えたい」オントナ『ケータリング美利香』記事 

まさにこれが『ケータリング美利香』の活動の柱である。

『ケータリング美利香』は、

 1.家族に作るのと同じ思いで、
 2.出来立ての手料理を直接、
 3.料理の背景(食の故郷)を語りながら

あなたのもとへ届けます。


10人位のミニ集会から100名単位のパーティーまで、ご要望に応じメニューを考えます!
お問い合わせは、0123-29-2888(小栗)まで!

2013.05.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

GWと正月を振り返る・・・

ぐずぐず天気のGWが終わり、気がつけば1週間以上が経過していた。つちは有難いことに忙しい日々を過ごさせて頂きました!

そんな中で、GWと言えば、毎年恒例の「春の大掃除」と、北広島ビストロ『ル・ミディ』での打ち上げディナー・・・これだけはプライベートなレクリエーションとして楽しんだ。と言っても、あまりの天気の悪さに掃除の方は完結せず。それでも5月6日(月)、GW最終日の夜は北広島へと向かった。

恒例の”儀式”となってから何年目だろうか?ともかくこちらでは未だにコースを頂いたことはなし。そして毎回チョイスするメニューも固定化している。
       北広島『ル・ミディ』タコのマリネ 北広島『ル・ミディ』鴨のテリーヌ


【“GWと正月を振り返る・・・”の続きを読む】

2013.05.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

4度おいしい!~恵庭『吉田農場』のアスパラ収穫体験♪

5月3日(金)は寒ぅ~いGWの中でも”最寒”の日だった。それでも恵庭『アグリ企画・吉田農場』には、吐く息を白くさせながら次々とお客様が訪れていた。なんと貴重な休みを利用して、アスパラを目当てに北海道にやってきた本州の皆さんである。

アスパラ料理の魔術師、札幌フレンチ『ラ・サンテ』高橋毅シェフから、毎年アスパラの時期にそれだけを目的に本州より来店されるお客様がいると聞かされていたが、『吉田農場』にやってくる方々も口ぐちに「アスパラ目的で北海道に来ました!」と、天気も気温もなんのその、実に屈託ない。

『吉田農場』は札幌近郊でも珍しくアスパラ収穫体験を実施している農場なのだ。とは言え、この寒さでアスパラの生育は大丈夫なのだろうか?
       「アグリ企画・吉田農場」 「アグリ企画・吉田農場」アスパラ鎌


【“4度おいしい!~恵庭『吉田農場』のアスパラ収穫体験♪”の続きを読む】

2013.05.10 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

キクイモの春掘り♪ ~ 掘りたてキクイモをかき揚げで頂く贅沢!

5月2日(木)、豊幌の伊藤聖子さんとGW中の晴れの日を待ってキクイモを掘る約束になっていたが、天気予報は期待を裏切るばかり・・・

この日は思いがけず太陽が顔を出したので決行。とは言え最高気温はせいぜい7℃。さぶ~い!
       江別『いとうファーム』でキクイモ春掘り1 江別『いとうファーム』でキクイモ春掘り2
この畑はキクイモ専用。つちが無理を言って聖子さんにキクイモ住宅を作ってもらったのだ。
土は粘土なのでキクイモにベットリ貼りついているが、耕作されているため掘りだしやすい。


【“キクイモの春掘り♪ ~ 掘りたてキクイモをかき揚げで頂く贅沢!”の続きを読む】

2013.05.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

当別「石窯開き」! そして「石窯ナン」登場!!

寒い、寒~い今年のゴールデンウィーク。しかし、大雪に埋もれていた当別『フレンドリーファーム』の石窯も、やっと全姿を現した。

5月1日(水)。この日は今年の「石窯開き&火入れ式」の日。
そして『食彩人』・農村体験プログラム、『石窯フルコース』の新メニュー試作会の日でもある。

『石窯フルコース』は当別『フレンドリーファーム』のオーナー=佐藤信廣さんの手作り石窯を使って、アウトドアクッキングを楽しむ体験プログラム。前年まではピザや五平餅作りをメインにしていたが、今年は内容を一新。

           「野菜の塩釜焼き」+「石窯ナン」体験!

これに合わせて特製カレーを味わう企画だ。よりワイルドな中身にリニューアルした。

それでは新『石窯フルコース』のハイライトをご紹介。まずは「野菜の塩釜焼き」の様子から。

「塩釜焼き」は”鯛”でお馴染みだが、野菜も絶品! まるごと塩で包んで焼くだけの究極の原始料理。
       『石窯フルコース』野菜の塩釜焼き1 『石窯フルコース』野菜の塩釜焼き2


【“当別「石窯開き」! そして「石窯ナン」登場!!”の続きを読む】

2013.05.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。