スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

フランス郷土料理が北海道で美味しい訳

ぐずぐずと居座った冬の空気も漸く腰を上げ、春の気配が感じられるようになった。

3月23日(土)、季節がすっかり交代する前に、駆け込みで食べに出かけたものがある。フランスの三大郷土料理の1つ「カスレ」である。

今年冬の定番料理にこのカスレを掲げたのが、お馴染み宮の森フレンチ『ラ・サンテ』だ。高橋毅シェフがこの伝統料理の中に、どんな風に”北海道”を描くのか、これはどうしても食べておかねばならない・・・そう自分に言い聞かせて出かけたのだ。
       『ラ・サンテ』鶏肉とフォアグラ、レンズ豆のテリーヌ きんかんジャム添え 『ラ・サンテ』徳島産新タケノコのオーブン焼き 海老味噌の辛いトマトソース


【“フランス郷土料理が北海道で美味しい訳”の続きを読む】
スポンサーサイト

2013.03.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

当別『長野パン教室』で”ゆめちからベーグル”夢企画

前回の「当別お楽しみクラブ」に引き続き、当別でまたもう1つ”お楽しみ”ができた。

昨年末、当別産”ゆめちから”と”きたほなみ”が製粉化されたのを機に、石狩農業改良普及センター北部支所木田寛子さんが地元での活用に奔走されてきた。

特に”ゆめちから”は超強力粉でパン適性が高いとされる。パン好きのつちとしてはその実力を早く知りたいところだ。

ということで、夢のような企画を考えている。その名も「ゆめちからを使ったベーグル作り夢体験」。教えて下さるのは、つい先日つちの前に女神のように現れたこの方、当別『長野パン教室』長野妙子先生
       当別『長野パン教室』長野妙子先生 当別『長野パン教室』クロワッサン
長野先生とは、当別『フレンドリーファーム』佐藤信廣さんの紹介でお会いしたばかりなのだが、その場で当別産小麦粉のことを思い出し、すぐに木田さんをご紹介。トントン拍子に話が進んだ。

長野先生はすでに十勝産ゆめちからに親しんでおられ、すぐに「ベーグルにすると美味しいと思う。」と提案して下さった。そして数日後、試作して下さったのがこちらのベーグル。
       当別『長野パン教室』ゆめちから×きたほなみベーグル1 当別『長野パン教室』ゆめちから×きたほなみベーグル2
試作品はきたほなみ:ゆめちから=6:4で、比較的ソフトなタイプ。小麦粉の甘みがストレートに味わえる。これから配合や発酵時間を変えて何度か試作の後、レシピを起こしてくださる予定。

4月後半には夢体験が実現しそう。生徒はつちと佐藤さん、木田さん、あともう1人くらい・・・もしご希望の方はどうぞコメントを!


『長野パン教室』

当別町太美1494-43
TEL 0133-26-4020

2013.03.26 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

『当別お楽しみクラブ』第2弾!「当別産でランチ交流会」

昨年11月に発足した『当別お楽しみクラブ』。当別の豊かな食材を使って、料理して、みんなで食べて、喋って・・・という文字通り”当別を楽しむ”会だ。第1回目は大盛り上がりを見せ、「次回はいつ?」との声が次々上がった。

そして3月21日(木)、第2回目の会合には前回参加者が家族や友達を引き連れ、さらに生産者と消費者の交流の色合いが濃くなっていた。

本日みんなで作るのは・・・

 ☆当別産の小麦粉で「野菜たっぷりお好み焼き」
 ☆当別産の豆で「ふわふわ白玉ぜんざい」
 ☆当別産の野菜と味噌で「万能焼肉のたれ」


この3品+α、その他お楽しみetc.
 『当別お楽しみクラブ』加藤まゆみさんと菊地あつ子さんと山岸友子さんと河野芳子さん 『当別お楽しみクラブ』秋吉てる子さんと山本ハナエさん


【“『当別お楽しみクラブ』第2弾!「当別産でランチ交流会」”の続きを読む】

2013.03.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

直伝!中華おから炒めで国際交流

3月19日(火)、当別『フレンドリーファーム』の人気体験プログラム=「大豆フルコース」に、北京からの母娘ペアをお迎えした。

北京でも豆腐、豆乳を手作りする家庭が減っており、娘さんは豆腐作り初体験とのこと。日本の大豆は甘みがあって美味しいと大感激されていた。

ところでお料理上手だというお母様に、おからを使ったお得意料理をお聞きすると、簡単なのを1品と言って、即作って下さった。
       中国のおから炒め 中国のおから炒めご飯
ニンニクと野菜(いつもは赤・緑ピーマンだというが、なかったのでこの日はニンジン、セロリ、ネギ。彩りと香味を添えるためなので何でもよいとのこと。)をみじん切りにして炒め、おからを加えて塩で味付けする。以上!

これをご飯に混ぜて食べるというので、さっそく実践。なんと不思議、まるでチャーハンみたいなのだ。本来のチャーハンより油も少なくヘルシー。これはいいことを教えて頂きました!

少人数じっくり型の体験プログラムなので、こんな文化交流も出来てしまう。最近は国際食豊かになってきて益々楽しみな「食彩人農村体験プログラム」でした!

2013.03.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』開店、春爛漫♪

冬期休業中だった江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』が3月1日より今年の営業をスタートした。冬の間、明かりが灯っていない店の前を通るたび、ちょっぴり寂しい気持ちにさせられる。『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』の開店は、春の訪れと同じくらい待ち遠しいのだ。

江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』乙女のケーキ
3月15日(金)ホワイトデーの直後ということで大分品切れになっていたが、お目当ての「おとめのケーキ」はちゃんと待っていてくれた。

この「おとめのケーキ」は「とちおとめ」のジャムを使っていることからネーミングされたそうだが、実は以前から定番だった「ヴィクトリアサンドケーキ」が元になっている。当初は本場英国の伝統レシピで作られていたものを、より食べやすくアレンジしたそうだ。

確かに生地はやわらかなスポンジ、クリームも軽やかになっている。シンプルなケーキだけに、とちおとめジャムの酸味と香りがとてもよく映える。

ケーキも店の中も春爛漫。それにしても春分の日を過ぎてのこの大雪、一体本当の春はいつ来るのでしょうか・・・

2013.03.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

素材そのものがメニュー~『モリエール』

3月14日(木)突然、遠い過去となったサラリーマン時代の上司による”出頭命令”で、『レストラン・モリエール』訪れた。言わずと知れた 「ミシュランガイド北海道2012特別版」で3つ星を獲得した名店。くどくど説明するまでもないので、上司の話を遮らないよう遠慮勝ちに撮った写真だけご紹介しよう。
       『モリエール』ゆり根とバターソース 『モリエール』ゆり根とバターソース2


【“素材そのものがメニュー~『モリエール』”の続きを読む】

2013.03.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

市役所『福利食堂』の農家のかあさんランチ、最終回はナポリ♪

江別市役所の地下『福利食堂』にて、前年12月より月替わりで江別農家のかあさん考案メニューが登場する企画、今月が最終回である。

12月・・・ 「はるちゃんのハヤシライス」
1月・・・ 「米村牧場・味噌漬ポークソテー、牧場の熟成チーズかけご飯」
2月・・・ 「えべつ野菜丼」
そして、3月は「農家のかあさんナポリタン」、満を持して登☆場!

江別・・・農家・・・かあさん・・・ナポリ・・・この郷愁を呼ぶ名称に期待感は高まる。

今回ちょっと出遅れ気味の3月15日(金)、胸を焦がしながら『福利食堂』を訪れた。
つちの顔を見るなり、すぐにいつものマダム、いや、マンマが「あ、いらっしゃいました。ナポリ1つお願いします。」なんて厨房に合図してくれる。いやはやすでに食堂そのものがつちにとって懐かし「Home Sweet Home」って感じだ。「ただいまぁ~マンマ!」
       農家のかあさんナポリタン 豆サラダ


【“市役所『福利食堂』の農家のかあさんランチ、最終回はナポリ♪”の続きを読む】

2013.03.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

日本的洗練のイタリアン~経堂『リゴレッティーノ』

とんでもなく過去の出来事になってしまった1月の東京訪問。中断されていた沿線イタリアン報告の第3弾である。

舞台は経堂にあるイタリアン『リゴレッティーノ』。確かオープンした2005年とその後ももう1回訪れている。7、8年ぶり3回目の訪問である。

こちらの店は、シェフがイタリア修行先の店で出合った本場郷土料理などをメニューに取り入れながらも、繊細な味付けや盛りつけに日本人のアイデンティティが発揮されている。
       経堂『リゴレッティーノ』お通し 経堂『リゴレッティーノ』パン


【“日本的洗練のイタリアン~経堂『リゴレッティーノ』”の続きを読む】

2013.03.13 | | Comments(1) | Trackback(0) | 出張報告!

今季の「江別サタデーマーケット」、終わる

3月9日(土)、今季最後となる「江別サタデーマーケット」が開催された。当日は前日からの降雪と強風、おまけに道路の除雪が追い付かず、出かけるのも大変。開始時間に開場までたどり着けない出店者もあった。ホント、雪国の冬のイベントは常に"お天気リスク”を抱えている。

さて今回は最終回スペシャル、江別イタリアン『ダイニング 木の家』と江別フレンチ『シェ・キノ』が出店。さすがバラエティーに富んだメニューを用意してくれた。
       「江別サタデーマーケット」2013年3月江別イタリアン『ダイニング 木の家』アロッツとエゾ鹿のミートソース 「江別サタデーマーケット」2013年3月江別イタリアン『ダイニング 木の家』おつまみセット


【“今季の「江別サタデーマーケット」、終わる”の続きを読む】

2013.03.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

美・女・食~『ケータリング美利香』の活力!

3月5日(火)今年に入って最初の『ケータリング美利香』集会が、『AGT Cafe 日びの』にて行われた。
       『あじと cafe日びの 』 『あじと cafe日びの 』ベジバーグセット
こちらのお店は、米を中心に「食養」というコンセプトでセレクトされた自然・健康食材販売店とレストランが併設されている。店内も広々としていて開放的。その1階の個室を陣取った『ケータリング美利香』。


【“美・女・食~『ケータリング美利香』の活力!”の続きを読む】

2013.03.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

今週末は~今季最後の「江別サタデーマーケット」♪

3月9日(土)、いよいよ今季最後の「江別サタデーマーケット」が開催される。

今回はお馴染み江別の元気農家さんはもちろん、江別フレンチ『シェ・キノ』と江別イタリアン『ダイニング 木の家』が出店!

『シェ・キノ』はランチボックスやキッシュ、特製シチューなど、『ダイニング 木の家』はラザニアや、ワインによく合う自家製ベーコンや牡蠣のおつまみなどを多数揃える予定とか。

今回は2階食堂での農家さん特製ランチの提供はないが、12時より会議室がイートインスペースになるので、お弁当を買ってランチとして頂ける。

その他は、栄養管理士さんによる「江別野菜で健康な食生活」の講話会が、11:00~11:30まで開催。(事前申し込みは不要とのこと)

そして最終回のお楽しみ♪ 会期中2回以上来場しスタンプラリーを制覇した方は、来場感謝抽選会にエントリーできる。こちらは10時~。

皆さん、当日は会場でお会いしましょう!!!


≪日 時≫  平成25年3月9日(土) 10:00~14:00

≪場 所≫  江別河川防災ステーション1階(大川通6番地)

2013.03.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。