スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「シェ・キノ クッキング」の申込は明日開始!

「シェ・キノ クッキング」7月「タジン鍋でアクアパッツァ」食の宝庫=江別の地元の農産物をふんだんに使った実践的フランス料理教室といえば・・・

江別フレンチ『シェ・キノ』木下淳シェフによる、「シェ・キノ クッキング」

今年4月より第3期がスタートする。その申込受付が3月1日(木)10:00より、電話、店頭同時にスタート。

毎回大人気ですぐ満席になってしまうので、この機会に是非という方、お早目にどうぞ。
詳しくは、『シェ・キノ』のHPにて!

スポンサーサイト

2012.02.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』のメリメロとお店オープン♪


江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』メリメロ2012.22月24日(金)冬季休業中の江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』にやわらかい明かりが灯っている。

今日は休業中に結城恵パティシエから”プティ・ファン”への贈り物(?)、「焼き菓子頒布会~meli-melo~」の受け渡し日。もちろんつちも熱烈な”プティ・ファン”を自負している1人だ。

今回のテーマも”英国”。 「スコーン」「イングリッシュ・マフィン」、そしてつちも初体験の「ベークウェル・チェリータルト」「ブロンディーズ」など・・・宝石を取り出すかのごとくワクワクする中身だ。

「ブロンディーズ」は”金色のブラウニー”という意味合いで命名されたよう。ブラウニーの濃厚なチョコレートの風味に対して、こちらはバタースコッチのような香りがして、それでいて軽い。何だかノスタルジックなお菓子だ。

「ベークウェルタルト」は”ウェルダンに焼いたタルト”ではなく、イングランドのBakewellという町に由来するようだ。辞典によると「ジャムを塗ったタルト生地の上にアーモンド風味のスポンジケーキを載せたパイ・・・」とのこと。本場のものはかなりドッシリして甘そうだが、結城さんのタルトはチェリーの酸味が爽やかでキュートな味わい。すっかり気に入ってしまった。

さてこんな風に我々ファンの期待に常に応えてくれている『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』だが、もう間もなく再オープンとなる。

3月1日(木)11:30~ 今年の営業開始!

きっと一足早い春を届けてくれるに違いない。つちも気はそぞろ・・・である。

2012.02.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

米国伝統のナンタケットバスケットに触れる

エコクラフトも儘ならないうちに、新たな扉をまた1つ開けてしまった。
       ナンタケットバスケット竹島泰子先生の生徒時代作品 ナンタケットバスケット教室1
「ナンタケットバスケット」 北米マサチューセッツ州のナンタケットアイランドで育まれたフォークアートだ。


【“米国伝統のナンタケットバスケットに触れる”の続きを読む】

2012.02.26 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

2011年度のエコクラフト

2010年度エコクラフト畑が雪の布団を被って眠っている間、農家の母さんたちはというと、眠っていない。加工品作りやら、勉強会やら、そして思い思いの手仕事に就く。

その中の一つ、エコクラフト作りに今年もまた参加させて頂いているつちである。


エコクラフト2012tr
昨年の”成果”は上写真。もちろん3品全てではなく、左前の二次元段階作品である。

今年の課題はこれをモノにすること。今月に入ってやっと豊幌『ハッピーエコクラフトサークル』の指導の下、立体化に動き出した。



エコクラフト作品2012.2そうして出来上がったのが

”出っ張り、引っ込み”があるのは「味」ということで。指導役の澤田操先生からは「そのレベルでこれを作ろうとしたことがエライ」とお褒めの言葉を頂いた。

果たして本10冊くらい入れて崩壊しないか、これから実証実験しないと。

ちなみにお隣は蒐集品のプロヴァンスの風物詩=蝉です。

2012.02.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

キクイモ新メニューのデビュー

2月21日(火)暴風雪警報が発せられている中、『ケータリング美利香』メンバー5名が野幌公民館に集合。美利香定番メニュー23品の写真撮影を行った。5人の手から次々と繰り出される皿。見事なもんです。。。

その写真は追々ご紹介するとして・・・今回さり気なくキクイモの新作も忍ばせておいた。
       キクイモとタラのブランダード風 昆布のシナモン風味チップス
「キクイモとタラのブランダード風」。ブランダードはタラとジャガイモを牛乳で煮てマッシュ状にした料理だが、ジャガイモをキクイモに変えて、あえてマッシュにせずキクイモのコロコロ感を残してみた。

お隣のもじゃもじゃは「昆布のシナモン風味チップス」。名前も姿もセンセーショナルだが実に旨い!但し塩分取り過ぎに注意!!

撮影の後は、テーブルセッティングやディスプレイ方法についての話し合い。現役農家ばかり(つちを除き)なので、なかなか頻繁に集まることはできないが、少しずつ進化している『ケータリング美利香』。これからもご期待を!!

2012.02.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

雛祭りの「江別サタデーマーケット」

2月18日(土)毎月恒例「江別サタデーマーケット」の日だ。何とか天候ももってくれてありがたい!

雛祭りも間近ということで、まずはこんな出迎えを受けた。
       伴さんお手製「つるし雛」 伴さんお手製「つるし雛」2
江別・豊幌「そば工房風遊」の伴さん手作りの「つるし雛」や「木目込み雛」の数々。この愛らしいつるし雛達を見上げていると童心に、はたまた女子心に帰るような気がする。


【“雛祭りの「江別サタデーマーケット」”の続きを読む】

2012.02.20 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

吹雪の昼に~シェ・キノ クッキング最終回♪

2月15日(水)は地吹雪の朝。車の雪下ろしをしていると煽られてこの巨体が揺らぐ位だった。案の定野幌までの道のり、275号線はホワイトアウト現象で車が立ち往生。玉突き事故も目にした。いやぁ~怖い! けど、この張りつめた緊張感が何とも言えず北海道の冬の味わいなのである。

さてホワイトアウトを想定したわけではないだろうが、この日行われた今年度最後の「シェ・キノ クッキング」のテーマは「冬は、白、ホワイト料理」なる意味深なものだった。木下シェフよ、あなたは預言者ですか?

さて新ジャンル、ホワイト料理とはいかなるものか、そのラインナップは・・・

 ◆ホワイトソース
 ◆白菜と長芋のポタージュ
 ◆チキンマカロニグラタン
 ◆海老のクリームコロッケ
 ◆江別産米粉と小麦粉のホワイト蒸しパン
 ◆ホワイト珈琲のブランマンジェ


なるほど、これは白そうだ!まずは発酵時間のかかる「江別産米粉と小麦粉のホワイト蒸しパン」から。
       キノクッキング2012.2「江別産米粉と小麦粉のホワイト蒸しパン」1 キノクッキング2012.2「江別産米粉と小麦粉のホワイト蒸しパン」2


【“吹雪の昼に~シェ・キノ クッキング最終回♪”の続きを読む】

2012.02.16 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

!!!今週末「江別サタデーマーケット」の追加情報!!!

先にアナウンスした2月18日(土)開催の「江別サタデーマーケット」の詳しい情報が、実行委員長=『はるちゃんのケチャップ工房』岡村恵子さんより飛び込んできた。

☆★☆数量限定「500円ワンコインランチ」の中身について☆★☆

 ◎江別産えぞ但馬牛入り・トマトたっぷりハヤシライス

   ご飯は『巴農場』産。
   トッピングに『米村牧場 チーズ工房 プラッツ』のナシュラルチーズ!
   (”ここ大事!” と岡村実行委員長に念を押されてます。)

 ◎新鮮野菜サラダ+『輝楽里(きらり)』特製の味噌ドレッシグ

   ドレッシングはこれから販売予定の試作品。食べた方にはアンケートをお願いします!

 ◎『とまと倶楽部』特製きゅうりのピリ辛漬け

 『くろかわFarm』のゆで卵

 『エムアイ工房』のスイーツ(内容はお楽しみ♪)


☆★☆ワークショップと特別展示について☆★☆

 ひな祭り直前ということで、前回のお知らせの通り、生花を使って”雛”をイメージした「500円ワンコイン・フラワーアレンジメント講習」(事前申し込み必要)を行う他、農家さん手作りの「つるし雛」や「木目込み雛」を特別展示。なかなか直に見ることはない手作り雛。これはまたとないチャンスだ!


☆★☆限定販売品☆★☆

 『はるちゃんのケチャップ工房』から、「ふきのとう味噌」”リンゴジュースで煮る”「リンゴジャム」(?)など。ちょっと春を近く感じられるかも。

 キャベツ、タマネギなど野菜も販売予定。


☆★☆抽選会景品の予告☆★☆

 今季スタートの「来場ありがとうカード」。期間中2回来場すると、最終回の3月10日(土)の抽選会に参加できる

 この抽選会の景品がかなり豪華なようだ。今入手した情報によると『巴農場』の高級米、江別イタリアン『ダイニング 木の家』の食事券なども相当数用意される様子。

 まだ来場されていない方、今回と次回の2回、足を運ぼう!

2012.02.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

今週末は「江別サタデーマーケット」♪

江別の冬の風物詩、農家のかあさんの土曜市「江別サタデーマーケット」

今月の開催は18日(土)となる。前月つちは北海道を離れていたため参加できず。ワンコインランチ(500円)の「ハヤシライス」試作品の試食で終わってしまったのだが、当日の大好評を受けて、今月再登場することになった!しかも、今回は江別が誇る高級和牛「えぞ但馬牛」入り。レシピも変わって一味違う”ハヤシ”になるそうだ。

そして今回も・・・

☆ワークショップが開かれる。

『ひまわりの舎』猪俣美智子さんによる、「フラワーアレンジメント」

生花を使って”ひな祭り”用のかわいらしいアレンジメントを作るそうだ。初めてでも、お子様でも出来るとのこと。参加費は材料費も込みで500円ぽっきり。ワンコインで自作のアレンジメントを贈り物にできる!

11時と13時の2回、30分で完成の予定。事前申し込み先は、江別市役所農業振興課(tel:011-381-1025 24時間対応fax:011-381-1072)。

今季から「来場者スタンプ」がスタート。2個集めると3月の最終回で農家さんからのプレゼント抽選券に換えられるそうだ。今月と最終回の来月、まだまだチャンスはある!

今回もお天気良好でありますように!


≪日 時≫  平成24年2月18日(土) 10:00~14:00

≪場 所≫  江別河川防災ステーション1階(大川通6番地)

2012.02.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

「千歳 食と農の交流会」に今年も潜入!

2月18日(日) 石狩管内で最も活動盛んな(?)『千歳市グリーンツーリズム連絡協議会』主催の「第7回 千歳 食と農の交流会」に参加してきた。

前回も千歳のドン=中村由美子さんのお声掛けで参加できたのだが、今回は一応”スタッフ”として準備をお手伝いさせて頂いた。

何といってもメインプログラムは農家の「我が家の一品料理」大試食会。「いただきます!」の号令とともに、メニュー表に記載されている約70種類の手料理に250名が一斉に”群がった”!

スタッフということで、事前に撮影した料理をいくつかご紹介♪
「千歳第7回食と農の交流会」小豆パン 「千歳第7回食と農の交流会」ポテトサラダ 「千歳第7回食と農の交流会」ごぼうのミルク煮 「千歳第7回食と農の交流会」アロニアのパウンドケーキ


【“「千歳 食と農の交流会」に今年も潜入!”の続きを読む】

2012.02.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

2つの「民」-東京、行けた所と行けなかった所

今回東京滞在中に是非行きたかった所が、駒場東大前にある『日本民藝館』とその西館『旧柳宗悦邸』である。
なぜか?・・・理由はないが、本能的に何となく行きたかったのである。
『日本民藝館』 西館『旧柳宗悦邸』


【“2つの「民」-東京、行けた所と行けなかった所”の続きを読む】

2012.02.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

中目黒でも江別の味~『リュウ ド レギュゥム』

今回東京へは2週間ばかり滞在。しかし半ばにして足の肉離れという想定外の事態に・・・その後は要介護状態だった。

それでも足を引きずりながら出かけたのが『リュウ ド レギュゥム』。オープン以来江別の野菜を使ってくれている中目黒のフレンチレストランだ。

平日のランチタイム、相変わらず”中目マダム”(?)で賑わっていた。前菜+スープ+メイン+パン+コーヒーのお得な1200円コースにデザートをプラスでお願いした。
       『リュウ ド レギュゥム』前菜盛り合わせ 『リュウ ド レギュゥム』セロリラブのスープ


【“中目黒でも江別の味~『リュウ ド レギュゥム』”の続きを読む】

2012.02.05 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

東京に届いた江別のメリメロ♪

江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』焼き菓子頒布会~melimelo~1月しばらく更新しない間に月は改まり2月。明日は節分!本当に光陰矢のごとしである。実はしばらく東京に帰省しておりました。そして色々ありました。。。

それはともかくとして、東京滞在中に江別から届いたお楽しみ袋(箱?)。
冬季休業中、江別『お菓子工房 ラ・プティ・スリーズ』「焼菓子頒布会~melimero~」である。

meli‐mero(メリメロ)はフランス語で”ごちゃまぜ”の意味。まさに色んなお菓子が詰まったお楽しみ箱だ。お店の閉店中も淋しい思いをしないよう、結城恵パティシエから我ら”プティ・ファン”へのやさしい心遣いなのである。

1月の中身は、「キルシュ・ショコラときび砂糖のケーク」「チーズタルト」「フラップ・ジャック」「プレーンときんかんのスコーン」「コンフチュール・ネーブル」「紅茶のロールケーキ」+「紅茶」

バラエティー豊かでかつ、1つ1つがたっぷりサイズ。毎回繰り返しているが、これで1200円(1300円だったかな?)は申し訳ない!

そして東京で食べても、いつもの真正面から訴えてくる味に変わりない。ああ、結城さんのお菓子だ。 
つちはすでに来月のmeli‐meroを注文済み。厳しい冬は、それはそれで楽しみも深い。

2012.02.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。