スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「ファームin江別 vo l.1」は明日開催!!

いよいよ「ファームin江別 vo l.1」も明日。今日は出店者の皆さんは準備で大忙しだ。

直前追加情報!

「昼の部」に出店する、江別のアロマテラピスト=中村諭代さんのアロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』のアイテム。
       江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』あずきソープ 江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』あずきソープの泡立ち
これは!?金の延べ棒?レンガ?チョコレート?

何故かつちには一瞬”おでんネタのコンニャク”に見えたのだが、これが「ファームin江別 vo l.1」限定「あずきソープ」。「食」+「アロマ」の融合傑作だ。

泡立ちもこんなにきめ細やか。気持ち良さそう・・・でもつちには”おいしそう”・・・に見えてしまう。
       江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』マカロン型ソープ   Image017.jpg
そして一緒に出店する江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』のマカロンを模倣して「マカロン型ソープ」

さらに今日新たにメニューに加わったこちら(右写真)は・・・なんと『ラ・プティ・スリーズ』の「おみやげセット」に入っている「バンビクッキー型ソープ」。今朝中村さんから携帯で届いた新作写真だ。益々おいしいそう。くれぐれも、クッキーとソープ一緒に買って、食べる方を間違えないように!!

29日の「夜の部」では何と「餅つき」が行われ、お店のメニューには決して載らないシェ・キノ特製カレー雑煮」も登場するとか。

いまだ行こうか行くまいか迷っている方、まずは「昼の部」を覗いて、そのまま引き込まれるように「夜の部」へご参加を!

スポンサーサイト

2010.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

「ファームin江別 vo l.1」特集―麺!

        
いきなりだが、只今江別『麺処さくらや』より実況中継中(!)

写真は最近登場した、この店で最も高いメニュー、「とり天定食 490円」だ。

鶏胸肉を薄くスライス状態にし、軽い衣を付けて天ぷらにしたもの、それに蕎麦(またはうどん)とご飯が付く。これが半端な量じゃない! 

ちなみに写真はご飯を少なめにしてもらったもの。もちろんさらに大盛りご希望の方は、+60円でご満足頂けるだろう。

今回この『麺処さくらや』が29日の「ファームin江別 vol.1」の「夜の部」に出店、「とり天そばミニ」をふるまう予定。

他出店者とは異色のメニューで、このお祭りを盛り上げてくれるだろう!

ちなみにお店の「とり天定食」は1日30食限定らしい。朝食抜きで早い時間を狙いたい。

2010.05.27 | | Comments(1) | Trackback(0) | 未分類

「ファームin江別vol.1」特集-パン♪

おっと!いきなりバックステージの作業風景からスタート。
これが原材料の江別・豊幌『山本農園』の米粉と発酵種。そして練りあがった「米粉のパン」生地。

ここは江別のパン屋さん『CHET bakery』の工房内。 「ファームin江別vol.1」の「夜の部」にも供される「米粉のパン」の製造風景だ。
       江別『CHET bakery』米粉のパン パン種 江別『CHET bakery』米粉のパン 生地1
朝10:30、毎日ほぼこの時間に「米粉のパン」の仕込みが始まる。もちろんパン屋さんの仕事はもっと遥かに早くam4:30頃からスタート。何しろ『CHET bakery』ではおよそ40種類のパンを、ブーランジェリーの佐々木亜希子さん1人で焼いているのだ。そのため1種類のパンは1日1回限り、焼きあがった順番に店頭に並ぶ。

さて『CHET bakery』は29日の「ファームin江別vol.1」で、「昼の部」におよそ6種類の希少な(!)焼きたてパンを販売するほか、「夜の部」ではブッフェデイナーのサンドイッチ用の食パンとバタール、そしてこの「米粉のパン」を提供する。


【“「ファームin江別vol.1」特集-パン♪”の続きを読む】

2010.05.26 | | Comments(4) | Trackback(0) | 江別

宮崎県産黒毛和牛を共同購入・・・楽しみ!

昨日のブログで「宮崎県産牛・豚肉を食べる」と言ったものの、どこで購入できるのかわからずオロオロしていたところ、心ある畜産関係の方の計らいで、宮崎県産高級黒毛和牛肉を格安に購入できることになった。

某百貨店で「宮崎フェア」の目玉として販売予定だった肉が、口蹄疫問題でフェアの中止、行き場を失った・・・という代物だ。

と言っても個人で購入できるロットではない。そこで試しに知り合いに声を掛けて見ると、簡単に共同購入の運びとなったのだ。

変な話だが、こんな機会でもなければ味わうことのない高級肉。美味しければ、それは味覚の記憶にしっかり刻まれ、宮崎という遠方の地を身近に感じるきっかけにもなるだろう。

”支援”にはならないけれど、手間隙かけて育てられた牛の肉がムダにならずに「おいしい」と喜んで食べられるなら、気休めでも何でもいいのではないだろうか。個人でできることには限界がある。でも何もしないより、できることをすれば自分に何かが残る。

今回”共同購入”でお声を掛けて”やっぱりな”と思い、また不思議にも思ったこととして、商売関係の方の第一声は「危ないっしょ。」だったこと。お客様の命を預かる立場として責任の重さを自覚されているからだ。一方でお声をかけた一般消費者の皆さんは1人も拒否反応を示さなかった。このギャップがジレンマだ。

結局日々”食べる”ということは、自分の命を自己責任で守る行為なんだな・・・あらためて考えさせられた。

2010.05.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

自分にできること・・・宮崎県産牛・豚肉を食べること!

「ファーム in 江別 vol.1」特集の途中だが、『北海道女性ネットワーク』中村由美子さんブログ記事に触発されて、やはり日々深刻化している「宮崎県の口蹄疫」問題について触れたい。

中村さんのブログにはこうある。

「私たちにできること、息子と話してみた。
 乳質管理を頑張って体細胞を15万以下目標に頑張れば、収入も上がる。
 そうすれば何万円も+になる。その状況を続ける事として1万円宮崎へ寄付しよう。
 宮崎に連帯することで自分自身への励みにしようということだ。
 それと我が牧場の防疫もしっかりやろう。」


1万円寄付したところでどうなる?・・・なんて言わないで欲しい。
つちにはそれすらできない。
すぐ身近で「口蹄疫に掛かった牛の肉食べたらどうなるの?」と言う声も聞こえてくる。
鳩山政権の責任を問う声も・・・

大切なのは1人1人が無理せず自分にできることをやることじゃないかな。

「私はせめて7年くらい食べていないスキヤキを宮崎牛買ってやろうかな~と思ってます。」

中村さんのブログにコメントしてみた。お財布が厳しければ豚肉でもよし。

やまけんさんの5月24日付ブログのタイトルも「ストップしていた宮崎県の食肉処理施設が、特例で操業開始するという。これで宮崎県産の食肉が売れなかったら、日本の民度が問われるよ。」だ。

これから札幌・江別近隣で「宮崎県産肉は使用していません」ではなく、「宮崎県産肉を使用しています」の看板を探したい。あるかなぁ~?

2010.05.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

「ファーム in 江別 vol.1」特集-スイーツ

今月29日(土) あと1週間に迫った「ファーム in 江別 vol.1」の予告編、中村諭代さんの江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』に続き、「昼の部」のスイーツで出店するのは江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』

オーナーパティシエの結城恵さんから、特別に販売予定のクッキーの写真を送って頂いた。
江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』 「ファーム in 江別 vol.1」クッキーセット 江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』 「ファーム in 江別 vol.1」クッキーセット中身
こちらは「おみやげセット」プチサイズとレギュラーサイズ。写真右がレギュラーサイズのメニューだ。プチの方が3種類から4種類入りで300円くらいのところを250円で。レギュラーは6種類から7種類で550円から600円くらいのところを500円で販売。「いつもよりお得!お祭りなので・・・」と結城さん。

その他ギモーブマフィン(チョコ、ブルーベリー、りんご味の三種類)が並ぶ予定。

さらに結城さんは「夜の部」にも出店するそうだ。こちらはプチカップケーキが2種類、ニューヨークチーズケーキ、ショコラケーキ、洋梨のタルト、いちごのタルトの6種類を予定。「今はちょうどタルトのテスト中」とのこと・・・ブッフェなので早い者勝ちになりそう! 写真撮れるだろうか???

「ファーム in 江別 vol.1」、ますます楽しみになってきた!

2010.05.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

「ファーム in 江別 vol.1」特集-続 アロマ

前回ご紹介途中だった江別のアロマテラピスト=中村諭代さんのアロマ&リラクゼーション、『AAble-アグレアーブル』

5月29日(土)の「ファーム in 江別 vol.1」ではすでにご紹介済みのアロマソープの他、こんな江別の旬を体感・体験できるメニューが予定されている。
       江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』ハンドマッサージ 江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』江別産野菜のパック
あ、失礼!「手タレ」が手配できなかったので自(手)前でお見苦しいところを・・・こちらは「アロマハンドトリートメント+江別産野菜ジュレのハンドパック」!!


【“「ファーム in 江別 vol.1」特集-続 アロマ”の続きを読む】

2010.05.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

「ファーム in 江別 vol.1」特集-アロマ

今月29日(土)に開催される「ファーム in 江別 vol.1」
まるごと1日のお祭りとあって出店者は大勢、内容は把握しきれないほど盛りだくさんだ。

ゆえにその中のいくつかにつちがスポットを当て、道案内をして行きたい。

まずはこのイベントが正式デビュー(?)ともなる『AAble-アグレアーブル』

江別のアロマテラピスト=中村諭代さんのアロマ&リラクゼーション。「アグレアーブル」とはフランス語で”心地よい”の意味があるそうだ。

中村さんは自宅を開放したサロンで顧客にアロママッサージを施している他、香りのグッズを手作り販売している。
今回の「ファーム in 江別 vol.1」では「昼の部」に出店しアロマグッズを販売予定。
       江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』セット 江別アロマ&リラクゼーション『AAble-アグレアーブル』ローズマリー&サフラワー石鹸ろ餡子と小豆石鹸


【“「ファーム in 江別 vol.1」特集-アロマ”の続きを読む】

2010.05.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

江別初-食と芸術の1日「ファーム in 江別 vol.1」

すでに江別市内でじわじわと情報が浸透しつつある今月の一大イベント、「ファーム in 江別 vol.1」

江別フレンチ『シェ・キノ』 、イタリアン『ダイニング 木の家』、ジャズと珈琲の『豆工房 小林珈琲店』の3者が主催する、初の”江別の食とアートと音楽のイベント”である。

この日は江別コミュニティーセンターにて昼の部、夜の部とまるまる1日がお祭り。

終日江別の芸術家による作品作品展示、即売会があり・・・

昼の部では『小林珈琲店』のおいしいネルドリップコーヒーや軽食、夜の部では食べ放題・飲み放題の和・仏・伊(?)ディナーブッフェとジャズの生演奏が楽しめる。

きっと「江別ってこんなに楽しい場所だったの?」と再発見の1日になるだろう。
参加者が主役のお祭り、是非みんなで作り上げよう!


≪ファーム in 江別 vol.1≫

【日 程】  2010年5月29日(土)

【会 場】  江別コミュニティーセンター(江別市3条5丁目11-1)

【第1部】  アート&ライブ 午後のひととき

       〔LIVE ACT〕 13:30~16:00
                  入場料: 1,200円[税込] 
                  ワンドリンク付き ※アルコールドリンクは除く

                ジャズ、ブルース等のバンドが日曜の午後を華やかに彩ります
                 ■出演バンド
                 [JAZZ] ともも/メランコリーズリターンズぷらす2
                 [ROCK] GO AHEAD
                 [Blues] Bremen's Blues Band
                 [FOLK]「叶」~かなえ

                江別のショップが集い、自慢の一品を携え出店します
                 ■小林珈琲店(コーヒー・ドリンク)
                 ■ラ・プティ スリーズ(クッキー・スィーツ)
                 ■CHET bakery(パン)
                 ■カナディアンブルワリー(地ビール)/他

       
       〔ARTSPACE〕 10:00~18:30 ふれあい広場 ・ 入場無料

                作品展示にワークショップ、即売会等を行う楽しい空間です
                 ■原田ミドー(彫刻家)
                 ■ゆとうあつこ(イラストレーター)
                 ■石戸谷 準(デザインビューロー:ステンドグラス)
                 ■黒澤 千秋(六花:フラワーセラピスト)/他
                 ○えべちゅんがやってくる!(グッズコーナー)
                 ○江別特産品の即売会(えべつもぉる)/他


【第2部】 ディナー&ミュージック 夜のひととき

       〔ディナー&フリードリンク〕 18:00~20:00(17:30会場)
                        前売券5,000円[税込]
                          (ビール・ワイン・日本酒・焼酎・ソフトドリンク)

              ブッフェ料理と音楽が奏でる、至福の時間を皆様と…
              ~江別出身の2人のシェフが中心となって、お料理をご提供致します。
                ■レストラン シェ・キノ
                ■ダイニング 木の家
                □ディナー協力店:麺処 さくらや/小林珈琲店/ラ・プティ スリーズ
                            江別の地ビール カナディアンブルワリー


         〔JAZZ〕 菅原昇司カルテット  


【お問い合わせ先】

 [昼の部]  011(398)6656 (豆工房 小林珈琲店)
 [夜の部]  011(381)3589 (レストラン シェ・キノ) 
        011(676)8255 (ダイニング 木の家)

※定員になり次第、販売終了

2010.05.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

大きくなった!江別・豊幌『宮本農園』の新顔ベビーリーフ

春遅しの今年の江別。直売所の野菜もなかなかニューフェイスが現れない。

5月11日(火)江別・豊幌『宮本農園』を訪れた。
宮本恵美子さんが一冬”3重ビニールハウス”の中で守り続けたベビーリーフたちは、今旺盛に葉を茂らせている。

今年の新顔メンバーもまさに食べ頃だった。
       江別・豊幌『宮本農園』2010_05_11アイスバーグレタス 江別・豊幌『宮本農園』2010_05_11バターレタス
見た目の可愛いアイスバーグレタス。そして特徴ある香りと蛍光グリーンのバターレタス
       江別・豊幌『宮本農園』2010_05_11レッド小松菜 江別・豊幌『宮本農園』2010_05_11ブラックミント
ピリッとした辛味と艶やかな紫のレッド小松菜。アップルミントの勢力に駆逐されそうだったブラックミントも、大切にかくまわれ健やかに育っていた。

個性派の役者がまたまた増えて、今年も賑やかに活躍しそうな『宮本農園』のベビーリーフであった!

2010.05.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』の母の日セット

5月9日(日)はアイスクリームの日とのこと。いや、そんなことより今年はこの日が母の日。

今年はもう間に合わないけれど来年のご参考に、江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』の母の日セットをご紹介しよう。
               江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』母の日セット2
あいかわらずラッピングにも心がこもっている。
       江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』母の日セット1 江別のお菓子『ラ・プティ・スリーズ』ローズのマカロンと金柑のクッキー
気になる真ん中の大きな円盤。2層になっていてガレット生地にマカロン生地を重ねているそうだ。残念ながら単品販売がなく、お味の方は想像にお任せ。

セットにも入っていたローズのマカロンと新作の金柑のクッキーを”自分に”プレゼントした。ローズのアクセントが大人びた表情のマカロンは香りもフェミニンで、きっと母を優雅に輝かせるだろう。

金柑のクッキーは自家製ドライフルーツになった金柑がサクサクの生地に挟まれている。金柑の余韻が素晴らしい。

「いつもギリギリになっちゃって、HPに写真とか紹介もできないんです。」

結城恵パティシエ。いつだって『ラ・プティ・スリーズ』に行けば、必ずアニバーサリーに素敵なセットが用意されている。次は「父の日」かな?

2010.05.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

「アトリエ陶」のパン・野菜レストラン『食祭』

先月22日にオープンした「アトリエ陶」のレストラン『食祭』にやっと行ってきた!

オープン~GW中の混雑を避けて、5月7日(木)に訪問。
      江別『食祭』 江別『食祭』野菜直売所1
畑の中にゆったりと佇む平屋。バリアフリーの引き戸を開けると、まず江別産農産物の直売スペースが現れる。
到着したのがAM11:30頃。直売所オープンは9:30とあって、すでに先客によって大分買い占められた後だった。野菜目当ての場合は早朝を目指さないと!

この時期は江別・豊幌『鶴見農園』の葉物野菜がメインだが、これから沢山の江別農家さんから多種多様な農産物が入って来そうだ。ちなみにこの傾斜のある棚は”高低差陳列”


【“「アトリエ陶」のパン・野菜レストラン『食祭』”の続きを読む】

2010.05.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

『食彩人byつちばく-北海道農村グルメ体験』のHP

GWに入り、一気に春めいた北海道。いよいよ観光シーズンの到来だ!

実は先頃ひっそりと(?)、『食彩人』という名称でつちが実施してきた農村体験プログラム専門のHPが完成した。

「何を今さら・・・」ではあるが!

こちらは『食彩人』の活動を紹介するショウルームの役割。引き続きお申し込み先は、ずーっとお世話になっている北海道宝島旅行社のサイト「北海道体験.com」となる。

農家さんが農作業の合間に、またお店の方は営業しながらの実施になるので、日程も受け入れ人数も限定になっているが、それでも日本全国から、そして遠くはインドネシア、香港、台湾からお客様をお迎えしている。

願いは、本来出会うはずもない両者がこの体験プログラムを通して知り合い、刺激し合い、お互い何かを得ること。

ちなみにこちらのサイト内にもブログページがあり、”たまぁ~に”つちのつぶやきが登場する。

気になる体験プログラムの中身は、コチラ↓↓↓

『食彩人byつちばく-北海道農村グルメ体験』
http://www.shokusaijin.com/
どうぞ、お見知りおきを!!

2010.05.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。