スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

エルメスがある農村=ムジェーブ訪問

フランス視察ツアーの最初のミッションはアヌシーから30km程、標高1,100~2,600mのアルプス山村、ムジェーブ訪問。

道中の景色はハイジの世界そのもの。こんな山奥にありながら、ムジェーブはフランスの高級保養地として名高いと言う。

市街地に入ると途端におしゃれな雰囲気が漂う。しかし建物は飽くまで木造の伝統様式で統一されていて、のどかな農村の雰囲気を崩していない。街中にあって先ほど味わった山の空気はそのままだ。
       ムジェーブまでの光景 ムジェーブ広場2
到着後すぐに市庁舎へ直行。市庁舎も伝統建築でお役所のイメージはない。ここでシルヴィアンヌ・グロッセジャナン市長が出迎えてくださった。


【“エルメスがある農村=ムジェーブ訪問”の続きを読む】
スポンサーサイト

2008.10.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

帰国~? ブログを休んでいる間に・・・

10月16日~26日 10日間もの間ブログを休んでおりました。
何をやっていたのか、その理由を徐々に明かしていきたいと思います。。。

10月16日(木) 早朝に札幌を発ち、夜更けには何故かフランスにいた。。。
と言っても到着地はパリではなく、目的地に一番近いスイス・ジュネーブ空港からバスで国境を越え1時間ほどの、オート=サヴォワ県の県庁所在地アヌシー
               アヌシー湖w
アルプスの麓の水の都、「サヴォワの宝石」と讃えられているそうだ。この街の象徴=アヌシー湖は神秘的な静けさと美しさを貯えている。水の色が違う。空気の感触が違う。空に一歩近付いたような気がする。
       アヌシー湖h アヌシー湖h2


【“帰国~? ブログを休んでいる間に・・・”の続きを読む】

2008.10.27 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

『シェ・キノ』がトンデンファームで夢のレストラン開催!

江別フレンチ『シェ・キノ』が見晴台の店を飛び出して、1日限りの出張レストランを開催する。
場所はご近所『トンデンファーム』サービス価格でランチを提供するほか、ケーキセットもあり!これは見逃せない。食欲の秋を満喫しよう!!

【日  時】 10月25日(土) 11:00~なくなるまで。。。
        
【場  所】  トンデンファーム

【メニュー】  ◆1000円のスペシャルランチ
        ◆ALL300円のケーキ
        ◆525円のサービスケーキセット            スゴイ!!


★★★おまけ★★★
 つちばく、16日~24日まで北海道を離れます。しばらくブログもお休みです。また月末にカムバックします!

2008.10.15 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

やっと食べた!江別『コロポックル山荘』の新そば

10月4日(土) 栗沢の『中澤ヴィンヤード』を訪れた帰り、閉店間際に飛び込んだのが江別の秘境そば処『コロポックル山荘』。すでに9月初めからスタートしている「2008年新そば」にやっとありつくことが出来た。
                 江別『コロポックル山荘』2008新そば
「ぷ~~~ん」と、元気のよいそば粉の香りにむせ返りそうになる。あーやっぱり新そばを味わわずして冬を迎えられないでしょう。日本人に生まれてよかったと思う瞬間である。

コロポックル山荘で使っている江別のそばだが、今年は収穫量が去年の半分程だったとのこと。その貴重なそばを手刈り・天日干しにして五十嵐師匠が丹念に打った新そばは、適度な歯応えと甘みに新そばならではの香りが加わって純粋な美味しさ。思わず「水そばで・・・」と言ってしまった。。。

年内いっぱいは新そばの醍醐味を味わえるとのことなので、是非季節を舌で感じてほしい!


そば打ち体験やってます!~今なら”新そば”で!
『北の蕎麦や開業指南~原始林山荘のそば道場1日入門!』も山荘で実施できます。新そばの香りを浴びながら自分だけのそばを打ちませんか?お申し込みは、『北海道体験.com』まで。


20070606125119.jpgコロポックル山荘 
江別市西野幌927番地 森林キャンプ場隣
 TEL:090-3892-8281

[営業時間] 4月から12月末まで
        (1月~3月は休業)
        11:00~15:00
        土曜のみ16:00まで
              
[休 業 日] 月曜日(祭日の場合は翌日)
 ※国道12号線→白樺通、野幌運動公園入口から1km先、野幌神社前信号を右折2.4km先

2008.10.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

栗沢『中澤ヴィンヤード』の収穫日せまる!

9月4日(金) 8月に訪れた栗沢のワイナリー『中澤ヴィンヤード』を再び訪れた。収穫直前のたわわに実った葡萄を愛でるためだ。
     中澤ヴィンヤード2008収穫直前1 中澤ヴィンヤード2008収穫直前2
前日の大雨で足元が悪いことを想定して長靴着用。しかし思いの他地面はぬかるんでいなかった。葡萄と共存(?)している雑草たちが水はけを上手くコントロールしているようだ。
      中澤ヴィンヤード2008収穫直前3 中澤ヴィンヤード2008収穫直前4
中澤さんご夫妻は、収穫直前の葡萄の実の最終剪定に追われていた。少々実を付け過ぎなのと、色付きがまだらな房があるためだ。そんなお忙しい中多品種栽培されている葡萄を1つ1つ試食させてくださった。


【“栗沢『中澤ヴィンヤード』の収穫日せまる!”の続きを読む】

2008.10.08 | | Comments(6) | Trackback(0) | 出張報告!

「江別ガレット」も誕生?

「釧路ガレット」の洗礼を受けてその余韻が残る中、江別フレンチの『シェ・キノ』にて、今度は「江別ガレット」と遭遇した!

「なんでみんな同じこと考えるのかなぁ~?」なんて苦笑しながら木下シェフ、新しい店の看板メニューにと毎日試作を重ねている。

今回つちが諸食に預かったのはこちら↓。「釧路ガレット」がレースのハンカチで覆われた淑女風なら、こっちは腹ペコさん御用達と言った感じ。噴火口のように見える目玉の下には、溶岩のようなチーズとジャガイモが断層を織り成している。「江別ガレット」=「活火山ガレット」?
                 江別フレンチ『シェ・キノ』江別産そば粉のガレット
中身は色々変えて行く予定とか。ただしこちらも江別産食材を使うこだわり。ちなみにこのジャガイモのガレットはシェフの小学生の三男がペロッと平らげた自信作。確かにそば粉とジャガイモは合うと実感した。

近日中にメニューに登場するというお話なので、お腹をグーグー言わせながら待とう!

2008.10.05 | | Comments(4) | Trackback(0) | 江別

「釧路ガレット」との対面!

10月1日(水) ブログ内で予告していた「釧路ガレット」と初対面して来た!
       釧路ガレット実演販売in丸井今井-1 釧路ガレット実演販売in丸井今井-2
朝から大賑わいの会場にさっそく釧路全日空ホテル総料理長=楡金シェフの姿を発見。
料理長自ら1枚1枚を丁寧に焼き上げていた。電気式のガレット専用鉄板に専用のヘラのようなものでそば粉の生地を限りなく薄く伸ばしている。

「日本のブルターニュ」を標榜するだけに、こだわりは徹底的に地場の食材を使うこと。その中身は、音別のそば粉のガレットに、鶴居・卵らんハウスの卵白糠酪恵舎のチーズと中標津豚CoMOXの自家製ハムををのせたもの。


【“「釧路ガレット」との対面!”の続きを読む】

2008.10.03 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。