スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

最後ではない-『 ゴロワの晩餐』 in 釧路 (第2話)

つちが中野清さんのニヤケタ横顔を微笑ましく見つめながら、”カキエモン”を1粒づつ慈しみ味わっている頃、早くも会場内にサービススタッフの第2波が流れ込んできた。

(何のことかわからない方、是非「第1話」からお読みください!)

運ばれてきたのは、一番楽しみにしていた「ゴロワのサラダ」、それも釧路バージョンだ。
       ル ゴロワ釧路全日空ホテル・ゴロワサラダ ル ゴロワ釧路全日空ホテル・阿寒人参ムース

正式名称=「釧根の山海の幸を盛り合わせた特製ゴロワ風サラダ」。読むだけで宝箱を開ける時にようにワクワクするではないか!しかし、実物はそれ以上だった。


【“最後ではない-『 ゴロワの晩餐』 in 釧路 (第2話)”の続きを読む】
スポンサーサイト

2008.02.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

最後ではない-『 ゴロワの晩餐』 in 釧路 (第1話)

2月26日(火) この1ヶ月強、待ちに待ったこの日がやってきた。
東京の「フランス風北海道料理」の名店、『ル ゴロワ 1夜限りの釧路でのディナー』

この一夜のために1ヶ月間一生懸命働いてきたと訴える”連れ”と一緒に出発。札幌の道路事情によりバスが大幅に遅れ、JRに危機一髪で駆け込み乗車するなどの難所はあったが、無事ディナー開始前に釧路に辿り着いた。

夏、潮の香りを運ぶ蒸気をたっぷり含んだ重たい風の記憶。それが今や、鋭い氷の屑を弾丸のように撒き散らす凶器のように吹き荒れている。おいしいものを追い求める道のりは険しい。

早めに会場に着くと、入り口でゴロワのマダム、大塚敬子さんと今回の仕掛け人、釧路全日空ホテルの楡金総料理長がお客様をお迎えしていた。
       ル ゴロワ釧路全日空ホテル・大塚マダムと楡金シェフ ル ゴロワ釧路全日空ホテル・大塚マダム


【“最後ではない-『 ゴロワの晩餐』 in 釧路 (第1話)”の続きを読む】

2008.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

明日は釧路で『1day ル ゴロワ Dinner』

いつも江別の野菜を使ってくれている、『フランス風北海道料理』の名店、東京の『ル ゴロワ』が、明日1日限りのディナーを釧路全日空ホテルで開催する。

一昨年つちを生産者まわりに同行させてくださった、楡金総料理長の呼びかけで実現した夢の企画。

・・・というわけで、明日~明後日と釧路へ”出張”です。

そしてこのディナーにも江別・宮本農園「ベビーリーフ」が登場するべく、我々より一足早く、昨日江別から釧路へ旅立っていった。これも楡金シェフの温かい心遣いだ。

いつの日か、北海道で『フランス風北海道料理』を作りたいと願っていた大塚夫妻の夢の第1歩がどう花開くか、楡金シェフ&全日空ホテルの素晴らしいスタッフとの競演、そして宮本さんのベビーリーフ、何から何まで楽しみ!いってきま~す。

2008.02.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

江別の新しいイタリアン、La Forchetta ついにオープン!

以前ご紹介した、札幌東区から江別に移転準備中のイタリアンレストラン、『La Forchetta (ラ・フォルケッタ)』がついにオープンするようだ。

一昨日届いた素敵な案内状。「レストラン」「畑」「生活」、3つの時空を1つにした夢のステージが描かれていた。
                  La Forchetta 江別オープン案内

東区ではディナーのみの営業だったが、新店ではランチ(\1,365~)が食べられる!ディナーも\3,150~のプリフィックススタイルのコース料理になるそうだ。

新たなステージでは、「音楽」と「アート」と「食」の融合など、今まで以上に楽しいイベントがありそう。正式オープンは4月1日より。春が待ち遠しい「江別」!


イタリア料理 ラ・フォルケッタ

〒069-0831 江別市西野幌93-17
(道道1005白樺通、野幌中学と千古園の間を1本奥に入ったあたり・・・) 
TEL:011-398-7694
la-forchetta@royal.ocn.ne.jp

4月より通常営業(月曜日定休)
lunch:11:30~14:00 dinner:17:30~20:30
※3月中(8日から)は予約のみの営業

☆3月20日(木・祝) オープン記念パーティー(要予約)
  16:00~  3,000円(1ドリンク付)
ビュッフェスタイル料理とボサノバライブなど

☆3月20(木)~5月6日(火)『ぽろぽろ展』開催
 ラ・ フォルケッタゆかりのアーティスト達のグループ展

詳細はお店にお問合せを!
いち早く来店された方、是非感想を教えてくださ~い。

2008.02.24 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

江別加工品フェアで『川エビ』完売!

本日2月23日(土)に江別市民会館で行われた「加工品フェア」は、悪天候にもかかわらず大勢のお客様がお越しになり、殆ど完売したとのこと。

江別の加工品グループのまとめ役、『はるちゃんケチャップ』でおなじみの岡村恵子さんから、終了後一報が入った。

川エビの佃煮、好評で早々に200個完売いたしました!」

巴農場前の三日月湖で唯一漁業権をとって、晩秋の冷たい水の中「川エビ」を採り続けている、佐藤宣夫さんの念願が叶ったようだ。

新たな江別の名物の誕生だ!

2008.02.23 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

明日は江別市民会館で『加工品フェア』

明日、2月23日(土) 今月最後の『加工品フェア』が開催される。
今回は土曜1日のみ、江別市民会館にて。

今回は初登場!豊幌・佐藤宣夫さん川エビの佃煮」
今シーズン初出場、㈱輝楽里の「てるちゃん味噌」
前回から2度目の登場、野幌のコミュニティーカフェ「笑くぼ」「カレーパン」
など、など・・・ますます充実した品揃えになる予定。是非ご来店を!

2月23日(土) 10:00~15:00  江別市民会館 ホワイエ

お問合せ:江別市農業振興課 TEL 011-381-1025

2008.02.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

隠し味は愛情-『ケータリング美利香』の料理

2月20日(水) 北海道厚生年金会館で「平成20年道産新品種を食す会」が開催された。

道の研究機関で開発された新品種の農産物PRのため、食に携わる関係者を集めた試食会だ。
この試食用の料理を提供したのが、石狩管内農村女性グループ『ケータリング美利香』
生産者自身の手で農産物を調理して、消費者に届けようという、6名の有志だ。

前年までいわゆる”シェフ”による調理で同趣旨の試食会が行われていたようだが、今年初めて”シュフ”の手料理で味わってもらおうという案が採用になったようだ。
       ケータリング美利香・道産新品種を食す会・メニュー1 ケータリング美利香・道産新品種を食す会・メニュー2


【“隠し味は愛情-『ケータリング美利香』の料理”の続きを読む】

2008.02.21 | | Comments(1) | Trackback(0) | 未分類

ケータリング美利香のデビュー戦、無事終了報告!

本日行われた「道産新品種を食す会」での、『ケータリング美利香』初仕事が終わりました。
朝から終了の21:00まで、殆ど水も飲まず、立ち仕事をこなし、笑顔で解散してきました。
 
壇上に立った美利香メンバーの顔の美しかったこと!

詳細は明日またレポートします!

2008.02.20 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

岐路・・・

2月16日、17日に行われた「加工品フェア」も多くのお客様が訪れたようだ。

前回は整理券を発行するほどの活況を呈し、次第に定着しつつあるようだ。

フェア終了後、出店者のおかあさんがつぶやいた。「初めは手づくりの品をちょっと地元の人たちにお裾分けできればいいねくらいの感覚だったのが、こんなに大規模になって戸惑っている。いまは中途半端・・・」

お客様の需要に応えるべく、加工品づくりに専念するのか、本業の農業のかたわらで続けるのか。家族の気持ちは? 自分の気持ちは? 色々な意味で「まがり角」に来ているのかもしれない。

ふと思い出した、アニメ「赤毛のアン」の中で、進路に悩むアンに、恩師であるアラン牧師夫人が言うセリフ。
「人生というものは割り切れなくていいのよアン。 いいえ、割り切れてしまってはならないの。」

何かを選んで進んだ結果、再び岐路に立たされる。これも全て前進している証拠。
その大きく手前で何も踏み出せずいる自分には、悩める江別の女性農業者が輝かしく見えた。
悩んで、悩んで、頑張れ、江別のおかあさん!

明日はいよいよ、ケータリング美利香による初仕事、「平成20年度 道産新品種を食す会」。 つちもお手伝いしながら、少しでも進みたい!

2008.02.19 | | Comments(4) | Trackback(0) | 江別

渋谷鮮魚店で『ごっこ』を発見!

2月16日(土) この日はある目的で江別駅前Aコープ内の『渋谷鮮魚店』へ、AM9:30のオープンと同時に訪れた。

『渋谷鮮魚店』・・・江別で「お魚屋さん」といえばココ、というくらい地元の人たちに愛用されている有名店だ。「品揃えがいい、鮮度がいい」と評判。特に毎週土曜日は特売デーということで、土曜日は渋谷さんで魚を買ってその日の夕飯に・・・というご家庭も多いよう。

愛用者はご家庭だけではない。地元のシェフも御用達!この方もその一人!
                  シェ・キノ・木下シェフin渋谷鮮魚店


【“渋谷鮮魚店で『ごっこ』を発見!”の続きを読む】

2008.02.18 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

「バナナ or トウモロコシ?」への回答!

昨日ご紹介した記事「札幌手づくり麦酒・ハルユタカ・ビール、江別でおひろめ!」で、最後につちがぼやいたセリフ・・・「バナナorトウモロコシ?」について、本品醸造責任者様より、ありがたくも回答が寄せられました!!以下ご紹介。

『バナナorトウモロコシ?』

こんにちは。石蔵内での作業が通常の私にとって、あのような会合は場慣れしてないせいもあって、仕込みよりも疲れました(笑)でもいろんな刺激を受け、とても有意義な時間を過ごせました。

バナナorトウモロコシ? はい、これはですね今回のハルユタカビールは「ヴァイツェン」という南ドイツ発祥のビールスタイルで、このタイプのビールの最大の特徴がクローブやバナナのような香りなんです。その中でもハルユタカは少しトウモロコシっぽい風味があるかなぁ~という個人的感想でした。また、ハルユタカを使用することで、ビールのクリーミーな泡もちがアップしたと思います。

ナルホド! 江別経済ネットワーク会員の皆様、直感的に醸造スタイル本来のテイストを言い当てたということか! 

それにしても某ワインエキスパートの「自然派ワインに似ている」との言といい、地域密着型デザイナーの「ワイングラスで飲んで欲しい」とのコメントといい、気品のいいビールに違いない!
是非お料理とのマリアージュを楽しんでみたい。。。堤野さ~ん、期待してます!

〈札幌手づくり麦酒工房訪問の様子はコチラ!〉

2008.02.17 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

札幌手づくり麦酒・ハルユタカビール、江別でおひろめ!

2月15日(金) 以前ご紹介した、『札幌手づくり麦酒工房』「ハルユタカ・ビール」が江別でお披露目となった。

舞台は「江別経済ネットワーク」が推進している「麦の里えべつキャンペーン」の試食会。菊水の「江別小麦めん」の新作と並んで、「ハルユタカ・ビール」が会員の皆様に振舞われた。

会員でないつちは潜入できなかったが、「地域密着型デザイナー」であり、かつ江別市のオピニオンリーダーでもある渋谷真澄氏が会場の模様を携帯メールで送ってくれた。
                江別経済ネットワーク1 札幌手づくり麦酒・ハルユタカビール

気になるビールの印象は・・・?

「クセがなくて誰にでも飲みやすい味。香りが高いのでコップじゃなくてワイングラスで飲んで欲しい感じ・・・」

とのこと。醸造師の堤野貴之さん曰く「トウモロコシの香り」とのことだったが、会場では「バナナのような香りがする」との声が多かったようだ。バナナorトウモロコシ? まだ製品化には時間がかかりそうだが、試飲者の評判も上々。新しいブランドの誕生が待ち遠しい!(工場も移転するとイイナ・・・)

2008.02.16 | | Comments(1) | Trackback(0) | 江別

加工品フェアは明日・明後日!

恒例の加工品フェアが明日、明後日開催される。

前回は整理券を発行するほどの大盛況だった!特にエムアイ工房「ロールケーキ」「おこわ」、 「大福」お求めの方、何分にもお早めに!

2月16日(土)、17日(日) 10:00~14:00  河川防災ステーションにて

前々回くらいから名称が「サタデー&サンデーマーケット かぁーさんの江別ブランド手作り品大集合!」になったようです。。。

お問合せ:江別市農業振興課 TEL 011-381-1025

2008.02.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

当別『大豆フルコース』TV放映は本日!

先日STVの取材を受けた、当別「フレンドリーファーム」の冬の特別プログラム「美と健康の『大豆フルコース』体験」が、本日放映される。

普段決してこのファームでお見かけすることのないであろう、ギャルの体験模様だけに、どのように放送されるのか興味津々だ。

かなりふかぁ~い時間だが、是非ご覧あれ~! (本日というより明日?)
STV 0:29~「わくちん What’s New? Cute 」

ビューティ・レンジャーというコーナーのよう・・・


2008.02.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

帯広市の女性農業者が『まるごと江別グルメ会』を視察!

2月13日(水) 江別は物凄い吹雪でした...そんな中『帯広市農産物小規模加工研究会』の皆さんが、『まるごと江別グルメ会』の活動視察に訪れた。
      帯広市農産物加工研究会視察1tr帯広市農産物加工研究会視察2 
参加されたのは帯広市内で地産地消を目的に農産物の加工販売に取り組む11グループの代表の皆様。
1時間弱の限られた時間の中でまるごと江別グルメ会の活動内容の紹介、地元の農産物を使った手料理の試食、意見交換などを行った。
       帯広市農産物加工研究会視察・試食ピザ帯広市農産物加工研究会視察・試食掻揚げ


【“帯広市の女性農業者が『まるごと江別グルメ会』を視察!”の続きを読む】

2008.02.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

アイスクリームの花茶 リニューアルOPEN!

今月20日、あと1週間と日が迫った「平成20年度 道産新品種を食す会」
当日新品種食材を使った家庭料理を提供することになっている『ケータリング美利香』代表、花茶小栗美恵さんと札幌で会った。
花茶・小栗さん2 豆乳白菜ロール

花茶はかの有名な千歳のアイスクリームショップ。地元の食材を使ったナチュラルなアイスを作り続けている。

その花茶がこの度リニューアルオープン。レストランスペースを2倍に広げ、メニューも一新したという。新メニューのコンセプトを尋ねると・・・

「雑穀!雑穀!」

とのこと。何でも雑穀づくしのプレートがあるらしい。今後も雑穀メニューを増殖させる予定とか。
オープン初日から雪の中多くのお客様が訪れて大忙し。今月20日にはテレビの生中継放送も入るようだ。その合間を縫ってこれから農家のお母さん方との交流のため網走に行くという。

本当にアクティブ。そしていつ見てもピンクが似合う可愛らしい方・・・つちが敬愛する女性農業者だ!雑穀プレートを食べてちょっとあやかろうっと!

2008.02.12 | | Comments(2) | Trackback(0) | 出張報告!

シェ・キノ 今月限定メニュー~ごっこのスープ

2月9日(土) 久しぶりに江別フレンチのシェ・キノを訪れた。今年初+ちょっとしたお祝い・・・ということで、あらかじめ「シェフおまかせスペシャルディナー」というムリなリクエストをし、ワクワクしながらテーブルについた。

まずエントリーしたのが、「名寄産仔牛のコンフィ フォアグラのソテーと紅玉のピュレ添え」
これは”乳のみ仔牛肉”専用の牧場から取り寄せたレアもの。意外にもさっぱりしていて柔らかな味わい。ホクッとしたポテトのソテーとの好相性はもちろんだが、紅玉ピュレの酸味がすごくイカしてる!

そして昨年の秋以降、つちのリクエストにより定番化している、胡桃たっぷりのパンドエピスに、今日はまるい形のブリオッシュが添えらた。
       2008_02_09シェ・キノ・名寄産仔牛のコンフィ・紅玉ピュレ添え 2008_02_09シェ・キノ・パンドエピス・ブリオッシュ


【“シェ・キノ 今月限定メニュー~ごっこのスープ”の続きを読む】

2008.02.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

アロマとイタリアンの融合

最近色々お付き合いの増えている当別町で、新しい分野のスペシャリストにお会いした。
太美でアロマテラピーサロンを開いている林あけ美さん

昨年からご自宅にサロンを開き、主にご近所のお年寄りなどに香りを使ったマッサージのサービスを行っているが、今年は新たな挑戦を考えている。

それが、「アロマテラピー+食」の非日常体験だ。

彼女が夢描いているのは、普段なかなか自由に自分の時間を過ごせない主婦や、お年寄りなどに、アロマテラピーで癒された後、ちょっと優雅で贅沢な食事を楽しんでもらうコース。

今日はその夢を一歩先に進めるため、太美からほど近いあいの里のレストラン、リッチ・イタリアーノへやってきた。
       林あけ美さん・リッチ・イタリアーノ リッチ・イタリアーノ外観

雪の舞う音が聞こえるような静かな佇まいの一軒家。玄関を入ると沢山の靴が並んでいる。靴を脱いで上がるようになっている。ホームパーティーに招かれたよう。


【“アロマとイタリアンの融合”の続きを読む】

2008.02.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

『麦』つながり ~ 江別&札幌手づくり麦酒

2月2日(土) 札幌東区にある手づくりビール工房『札幌手づくり麦酒』を訪ねた。

完全下戸のつちが何故?・・・実はこの工房で江別の農産物がビールになっていると聞いたからだ!

説明どおり札幌軟石の旧玉ねぎ倉庫の建物を発見! 夕暮れ時のビールタイムに到着すると、折りしも入り口に明かりが点った。う~ん、なかなか趣きがある。

入り口を入るといきなりガラス張りの空間に醸造設備の全景が臨める。
           札幌手づくり麦酒工房・入り口札幌手づくり麦酒工房・醸造設備1

当然向こうからもこちらがよく見えるようだ。中で作業をしていた醸造家の堤野貴之さんが、ガラス戸を開けて「どうぞ。」と迎えてくれた。


【“『麦』つながり ~ 江別&札幌手づくり麦酒”の続きを読む】

2008.02.06 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

フレンドリーファーム「大豆フルコース」がTV放映!

2月4日(月) 当別フレンドリーファームでSTVの撮影が行われた。

「美と健康の『大豆フルコース』体験」の取材とのこと。
大豆フルコース取材模様

若い女性が北海道内で「痩せる」、「美しくなる」などをテーマに、様々な体験をするシリーズ番組のようだ。

今日はファームオーナーの佐藤信廣さんも美女に囲まれ、はりきり気味。
果たしてどんな映像になるのか、楽しみだ!


『大豆フルコース』紹介予定の番組↓↓↓

STV 「What’s New?Cute」
2月14日(木)0:30~ ☆深夜番組で~す! 

『大豆フルコース』体験者募集中!
お申し込みは北海道体験.comまで!

2008.02.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

『まちなか研』第2弾-ハチと暮らす?

1月29日(火) 昨年12月に当別の辻野建設工業の主催で始まった”あ・や・し・い”勉強会、 『まちなか暮らし研究会』の第2弾が行われた。

今回のテーマは「ミツバチと暮らそう!」
前回の辻野社長の説明では「ミツバチの気持ちになって世の中を見てみましょう。」とのことだったが、その心は・・・

今回の講師はこの方。柚洞一央(ゆほら・かずひろ)さん。名前からしてヒトクセあるが、10年近くになる大学生活で、ひたすらミツバチを追いかけて日本を何周もしているという”ヘンな人”。現在は北海道大学大学院で地理学を専攻している。
                     まちなか研蜂・柚洞氏

今日は知られざる養蜂業界の話から、柚洞氏自らのミツバチ飼育秘話、そして花の種類を見分ける「利き蜜」など内容は多岐に渡った。


【“『まちなか研』第2弾-ハチと暮らす?”の続きを読む】

2008.02.01 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

つちばく

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。