スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

11月まるごと江別グルメ会料理教室開催!

11月21日(火) 毎月恒例、まるごと江別グルメ会料理教室が開かれた。

今回の講師は伊藤扶美子さん植村久子さん。
        20061121162125.jpg

 今回は”もち米””豆”が主役・・・ってことでメイン料理は「おはぎ」です! そして扶美子さんが意識したのが「Back to Basic基本に帰る」とのこと。
では、そのラインナップをご紹介しよう!

今月のメニュー!
1.3種のおはぎ
2.豚汁
3.大根と鶏肉のオイスターソース煮
4.はりはり漬け


【“11月まるごと江別グルメ会料理教室開催!”の続きを読む】
スポンサーサイト

2006.11.29 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

はるちゃんのケチャップ工場

11月24日(金)重たい雪が降る中、以前「おぼろづき」の取材と「川エビ漁」の取材でオジャマした、豊幌の岡村恵子さん宅へと向かった。冬の本業「ケチャップづくり」を見に行くためだ。
「おぼろづき」レポートはこちら↓↓↓
http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-38.html
「川エビ漁」レポートはこちら↓↓↓
http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-48.html
20061125094200.jpg


【“はるちゃんのケチャップ工場”の続きを読む】

2006.11.25 | | Comments(3) | Trackback(0) | 江別

江別にレディースファームあり!

「レディースファーム」といえば、北海道通または牛乳通にとっては「中札内レディースファームだべ」となる。そう、あの日本で唯一販売されている無殺菌の「おもいやり牛乳」製造元だ。http://www.omoiyari.com/

しかし、ここ江別にもあるんです、レディースファーム。しかも肉牛の・・・

その名もバージンハート農研 ここはあの”えぞ但馬牛”の牧場で、以前ご紹介した松下牧場に次ぐ第2位の規模。現在96頭を飼育している。
松下牧場のものがたりはこちら↓↓↓
http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-52.html

そしてこちらが今日の主人公・・・
20061121161920.jpg

・・・じゃなくて、こちら!
20061121162021.jpg

バージンハート農研を経営する端さんのご長女、敦子さん。家族経営だが、今現場を取り仕切っているのは彼女だ。


【“江別にレディースファームあり!”の続きを読む】

2006.11.21 | | Comments(4) | Trackback(0) | 江別

江別の鹿狩り?

                20061116095430.jpg

いきなりですが、開拓記念館で「鹿缶」(複製)を発見!

これは複製で、本物はただ1つ北大にあると言うが、こちらは痛みが激しく、うっかりその前でくしゃみでもしようものなら崩れてしまう・・・かどうかは分からないが、非公開。

この鹿缶、明治11年に開拓史が千歳の美々に工場を建て製造し、主に東京など本州に出荷されたらしい。それにしても誇らしげに「VENISON」とあるからには輸出も意識されていたのだろうか。。。

巷で「エゾ鹿」が何かと話題になる昨今だが、調べるとなかなか面白くてハマル!

・・・で「江別と何の関係があるのー?

実は石狩川の流域の江別はその昔、アイヌの重要な鹿狩りスポットだったらしい。彼らは石狩川を渡る鹿を待ち伏せて丸木舟を漕ぎ出し捕らえたというのだ。何と江別市内で工事現場におびただしい数の鹿骨が現れたなんて話もある。

そして今また「えぞ鹿」にスポットライトが当たり始めている・・・こんな歴史的背景に思いをはせながら江別で鹿肉を食べるのはいかが?


繰り返し重大なお知らせ第3弾!!!!!

11月6日(月)~30日(木)

江別フレンチのシェ・キノにて豊幌・伊藤農場のホドイモ芽キャベツを使った期間限定ディナー(4,200円)が食べられます。
※お肉はご希望によりエゾ鹿肉もお出しします。ご予約の際にお伝えください。

そして、またまた、「つちのブログ見た!」と予約の際言うと、なんかいいことあるよ!!

■シェ・キノ営業案内■

月曜日~土曜日

■ランチ
11:30~14:00
■ディナー
17:30~21:00
※日曜日はご予約のみ営業

〒067-0042
江別市見晴台71番地の2
TEL&FAX(011)381-3589

地図はこちらを見てね↓↓↓
http://www15.plala.or.jp/chez-kino/

2006.11.16 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

フランス野菜の冬支度

11月13日(金)江別西野幌の小林牧場を訪れた。ついに初雪も降ったし、畑に残されたフランス野菜の越冬対策を施さねば・・・
フランス野菜の経緯はこちら↓↓↓
http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-12.html#more

「種蒔くのが遅かったんでないの? まだ小さいわ。」
小林ヨシ子さんの言うとおり、キャベツはまだ生まれたての赤ちゃんの頭ほど? ブロッコリーは花蕾が見当たらない。
20061113170654.jpg 20061113170704.jpg

「このままではとても冬を越せないんでないかなー・・・埋けてみるかい?」


【“フランス野菜の冬支度”の続きを読む】

2006.11.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

ソーメンカボチャ大反響!

10月27日に行われたまるごと江別グルメ会のイベント「江別料理ごよみ」以来、気になっていた野菜、”ソーメンカボチャ”をついに手に入れた!
「江別料理ごよみ」についてはこちら↓↓↓
http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-50.html

これがその”ソーメンカボチャ”。 正式名称は「金糸瓜(きんしうり)」、ペポカボチャの一種で、ズッキーニのお仲間。 直径20cm、長さは30cm程度。
20061112210042.jpg



【“ソーメンカボチャ大反響!”の続きを読む】

2006.11.12 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

シェ・キノのボジョレーパーティー!!

ご無沙汰です! 急遽、東京に「出張」しておりました・・・
気を取り直して、ブログ更新します。。。

 
毎月、まるごと江別グルメ会の畑とコラボレーションディナーを企画しているシェ・キノhttp://www.chez-kino.com/が、ボジョレーヌーボーのパーティーを開催する!

今回はボジョレーから2種類のヌーボーの他、日・仏・伊、3カ国のヌーボーなど10種類を用意。もちろん飲み放題。

主なワインは
<ボジョレーヌーボー> ・ルー・デュモン
                ・デュ・ヴィスー
<ヌーボー>        ・ノヴェッロ・フィオーレ(伊)
                ・ボアゼ・ヌーボー(仏)
                ・山梨、山形産ヌ―ボー


お食事のテーマは「鮭」。メニューの一部をご紹介すると・・・

・サーモンのクルビヤック風(ソテーした鮭と野菜をパイ生地で包んだもの)
・自家製サーモンマリネ
・サーモンのタルタル
・鹿肉の煮込み


そしてまるごと江別グルメ会が誇る江別フェルミエ、チーズ工房プラッツのチーズも食べられる!!

席数が限られているのでお早めに予約を!


シェ・キノのボジョレーパーティー

日 時 : 11月17日(金) 18:00~
会 費 : 6,300円
 
※事前にお電話でご予約ください。

■シェ・キノ■

〒067-0042
江別市見晴台71番地の2
TEL&FAX(011)381-3589

地図はこちらを見てね↓↓↓
http://www15.plala.or.jp/chez-kino/




【“シェ・キノのボジョレーパーティー!!”の続きを読む】

2006.11.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

11月シェ・キノの伊藤農場コラボメニュー

先日、豊幌の”もうひとつの”伊藤農場で今月のテーマ食材を調達した、シェ・キノ木下シェフ、さっそくその料理を披露してくれた。
”もうひとつの”伊藤農場と木下シェフの物語はこちら↓↓↓
http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-51.html

シェ・キノまるごと江別グルメ会のコラボレーションディナー、第3弾!

今月のテーマ食材は、伊藤農場の「ホドイモ」「芽キャベツ」ですが・・・
  20061104191543.jpg 20061104191611.jpg 20061104191551.jpg

ん?これはシェ・キノお得意のキッシュ?
 
「はい、ホドイモのキッシュ牛ほほ肉の煮込み芽キャベツ添えです。」
                20061105114514.jpg




【“11月シェ・キノの伊藤農場コラボメニュー”の続きを読む】

2006.11.04 | | Comments(4) | Trackback(0) | 江別

江別は和牛の街だった!!

エエエエエエッーと思うでしょうが、つちが今回取材した率直な感想。

10月26日(木)Aコープ江別店での「えぞ但馬牛直売」レポートの後、販売に立っていた八幡の松下さんに牛舎を見せてもらう約束をし、この日訪れた・・・
えぞ但馬牛直販の模様はこちら↓↓↓
http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-49.html

「えぞ但馬牛?」

・・・という方多いと思います。 「但馬牛」とは、兵庫県但馬地方(現5市町)ではるか昔から受け継がれた和牛の血統で、神戸牛、松坂牛、近江牛などいわゆるブランド和牛の約85%にはこの但馬の血が流れていると言われている、和牛界の王者。

「え、なんでそれが江別に?

何と日本全国で本家の但馬牛以外、「但馬牛」の名を名乗っているのはこの江別の「えぞ但馬牛」だけ。(平成元年商標登録) 30年間も但馬系統を毎年導入して作り上げられたエリートなのだ。まずは、そのお顔を拝見しよう。

20061102093933.jpg


【“江別は和牛の街だった!!”の続きを読む】

2006.11.02 | | Comments(1) | Trackback(0) | 江別

シェ・キノの木下シェフ、もう1つの伊藤農場へ

江別フレンチのシェ・キノhttp://www15.plala.or.jp/chez-kino/と まるごと江別グルメ会の畑のコラボレーション第3弾は、豊幌”もうひとつの”伊藤農場
豊幌には2人の伊藤さんがいるのだ。さらに言うとまるごと江別グルメ会には3人の伊藤さんがいる・・・
前回の伊藤さんについてはこちら↓↓↓
http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-39.html

今回は伊藤聖子さんの畑。聖子さんは”ちょっと変わり者”たちを育てるので有名。毎回伺うのが楽しいのだが、今日は格別だ。何と、つちがずっと探していたものを聖子さんが作っていることが判明したからだ。

それが、コレ→             
                    20061102093602.jpg


【“シェ・キノの木下シェフ、もう1つの伊藤農場へ”の続きを読む】

2006.11.02 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。