スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

江別  チーズ工房プラッツ オープンまであと3日!

もう9月か・・・夏も終わり。

なーんて言ってる場合じゃない!!
9月もまるごと江別グルメ会は大忙しだ!

何故なら江別初のチーズ工房、プラッツが9月3日(日)にオープンするから~♪

20060908232148.jpg



そう、この手作り感満点のチラシを手にしているこの方、どこかで見覚えありませんかぁ~♪

先日行われたまるごと江別グルメ会料理教室で講師をしていた米村千代子さんです。http://tutibaku.blog56.fc2.com/blog-entry-15.html#more

プラッツは米村さんの夢の工房なんです。

江別チーズ工房誕生物語はしっかりレポートしていきますよ

スポンサーサイト

2006.08.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

まるごと江別グルメ会 月例料理教室!

8月22日(火) 野幌公民館で毎月恒例の「まるごと江別グルメ会料理教室」が開かれた。

IMG_2387r8.jpg

この料理教室は江別市が市民のために開設している講座の1つ。毎年4月に約30名を募集しており、今年で4年目。
市民に江別の農産物を広く知ってもらうと同時に、生産者と消費者の交流を目的としている。

そう、まるごと江別グルメ会の主な活動はこの料理教室での講師を務めることなのだ。14名のメンバーが毎月2名ずつ持ち回りで得意料理を披露する。

・・・ってことは、農家、酪農家のお母さんたちから、とれたて自家野菜なんかを使っちゃったマンマの味を教えてもらえるというわけだ! ここが他の料理教室と違う最大のポイント。

だってプロの料理人の味は店でお金払えば食べられるでしょ?
でも農家、酪農家のお母さんの味はお金払っても食べられないし、レシピも売ってない。

しかも、素材そのものを育ててる生産者ならではの知恵や工夫がたくさん!

そして忙しい畑仕事の合間に作ってきた実績ある料理だから、基本的に簡単!

たまに私、つちのような「色物」の講師も登場するけど、これは江別市民だけの特典講座間違いなしだ!

さあ、今日はどんなメニューなのかな?



【“まるごと江別グルメ会 月例料理教室!”の続きを読む】

2006.08.25 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

北海道長沼町の不思議・・・

8月20日(日) 「元気のある人、長沼に来るべし」との突然の召集が、由仁、ふれあい農園みたむらhttp://www1.ocn.ne.jp/~m-tomato/三田村氏よりかかり、急遽24時間以内に指定された場所へと向かった。


【“北海道長沼町の不思議・・・”の続きを読む】

2006.08.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

フランス野菜の苗、グルメ会各農場へ

8月18日(木) 今日も江別八幡・植村農場のお手伝い。
お盆休みをもらい、1週間ぶりに訪れたハウスは密林と化していた。
IMG_2397fr.jpg


8月半ばともなると、全ての野菜が先を急ぐように実をならす。
収穫はピーク。しかも植村さんちの野菜たちは何故か一回り大物揃いだ。

なんですか、これ? ↓
IMG_2405fr.jpg IMG_2402fr.jpg 

「暑いしょ? 今スイカ採って来てあげるからね~」

え、スイカぁ~? おやつも畑の中から調達する。

「うわぁ!」
完熟のスイカは包丁を入れる前に勝手に割れた。
コンテナの上にドカッと腰を下ろし、皮の縁まで赤い不揃いの塊りにかぶりつく!
IMG_2377ue.jpg IMG_2378ue.jpg

あー、ごちそうさまでした。。。

生き返ったつちは、これからもう一仕事・・・
江別グルメ会メンバー伊藤聖子さんに苗立てをお願いしていたフランス野菜を5軒の農家に配布するのだ。


【“フランス野菜の苗、グルメ会各農場へ”の続きを読む】

2006.08.19 | | Comments(2) | Trackback(0) | 江別

釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第7話

さぁ、釧路全日空ホテル・楡金総料理長の生産者まわり取材も最終目的地へ。
白糠の茶路めん羊牧場だ!(参照:http://www.hokkaido-jin.jp/issue/sp/200307/special_03.html)

IMG_2409.jpg


「どうも武藤です。江別の木下さんとは古くからお付き合いがあってね・・・」
まごまごと名刺を差し出す私に”羊飼い”武藤さんは躊躇なく話しかける。関西流アクセントだ!やっぱり関西人は人懐こい・・・IMG_2410.jpg





   








「実は僕が地元の生産者と食材に目を向けるようになったきっかけは、武藤さんとの出会いなんです。うちのスタッフが札幌のレストランで武藤さんの羊を食べて、初めて自分のホテルの近くにこんな生産者がいたんだってことを知って・・・その時そのレストランを任されていたのが木下さんなんです。」
と楡金シェフ。

木下さんって、我が(?)江別を代表するフレンチレストラン、シェ・キノhttp://www15.plala.or.jp/chez-kino/木下さん???
えーっ、世間は狭い! でも何だか素敵なご縁・・・

IMG_2416ks.jpg


【“釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第7話”の続きを読む】

2006.08.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第6話

釧路全日空ホテル・楡金総料理長の生産者まわり取材、まだまだつづく・・・

次に目指すは白糠町上茶路のブルーベリーランドhttp://www.hokkai.or.jp/siranuka/camp/ryokoumura.htm
20060909150419.jpg

・・・と言っても、正式には「白糠町青少年旅行村」というキャンプ場だ。ここを管理しているアウトドアガイドの横田さんが3年前から敷地内で試行錯誤のブルーベリー栽培を続けている。

「まだ農場なんて言えるものじゃないんですけどね。やっと少しずつ販売に出せるようになりました。いや~ブルーベリーはムズカシイ。」
横田さんは人懐こい関西流アクセントでブルーベリーの世界に案内してくれた。




【“釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第6話”の続きを読む】

2006.08.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第5話

釧路全日空ホテル・楡金総料理長の生産者まわり取材はつづく・・・

釧路丸水を後にし、次に向かったのは・・・ランチ。
「白糠をまるごと食べよう」をコンセプトに地元素材の創作料理を食べさせてくれるレストランはまなすだ。http://r.gnavi.co.jp/h113543/
20060909150126.jpg



店のウィンドーからは計り知れない奥深ぁ~いメニューが・・・あ~ありました、ありました、「白糠を食べよう」メニュー。もうどれにしたらいいかわからない・・・オススメは?

IMG_2378.jpg


「えっ? そうですね、ラムとゴボウのミートソースでしょ、エゾシカ肉のハヤシライスでしょ、あとトマトとモツァレラチーズのパスタもありますよ・・・」
楡金シェフを見つけてカウンターから嬉しそうに飛び出してきた谷口シェフは、どれもオススメと言わんばかりに列挙。




20060909150344.jpg

「ぼくはエゾシカ肉のハヤシライス。これ初めてだなー。」
楡金シェフは既にかなりのメニューを制覇しているようだ。

つちはこれから行く茶路めん羊牧場のラムと白糠酪恵舎のチーズが同時に味わえるということで、「ラムとゴボウのミートソース」に決めた。


IMG_2379.jpg

アツアツのミートソースのプレートが運ばれ、さっそく一口頂こうと
したところ・・・
「あー、すみません。このチーズを乗せないと。」
谷口シェフがチーズおろし片手に慌てて厨房から・・・
「このモンヴィーゾ、スゴイですよね?シェフお好きですか?」
楡金シェフも嬉しそうにうなずく。
「あー、やっぱり! よかったぁー、好み合いましたね!!」


IMG_2380.jpg


”モンヴィーゾ”とは、地元のチーズ工房白糠酪恵舎の唯一のハードチーズ。しっかりした味の輪郭が茶路めん羊牧場のラムとゴボウ各々の個性を融合させている。




谷口シェフはこの白糠酪恵舎の応援団「しらぬかチーズ友の会 グッチーズ」http://www2.odn.ne.jp/g-cheese/の主要メンバーでもある。そんな愛情の一匙がさらにこの皿を特別なものにする。ここでしか味わえないものだ! う~ん、今まさに”生きた白糠を食べてる”んだなー。楡金シェフの”切り売りできない”と言う言葉を思い出した。

そんな快楽に浸っているうちにもう予定スケジュールを大幅に押している。急がねば!
次に目指したのはその白糠酪恵舎http://www2.odn.ne.jp/g-cheese/rakukeisya/purofile/syoukai.htm


【“釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第5話”の続きを読む】

2006.08.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第4話

8月8日(火) 釧路全日空ホテル・楡金総料理長の生産者まわり取材、第2日目に突入!

この日最初に訪れたのは白糠の水産加工会社、釧路丸水http://www.marusui.co.jp/

釧路丸水は北海道の天然水産原料と減添加物に徹底的にこだわった製品を作っている・・・って普通に読めちゃうんだけど、道内水産業者が北海道の天然(養殖じゃない)水産原料を使っている率って、平均でも40%(製品化率)なんだって。そこを釧路丸水は90%に達しているというから相当なこだわりだ。

20060909150820.jpg





【“釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第4話”の続きを読む】

2006.08.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第3話

釧路全日空ホテル・楡金総料理長の生産者まわり取材、第1日目を終了し、今夜の食事は当然全日空ホテル18FトップラウンジBEGINSで料理長おまかせ料理を頂いた。http://www.anahotelkushiro.jp/begins/bg.htm

いきなり当日、「今晩のディナーに伺っていいですか?」と申し出たので、急遽メニューを組み立てて頂いたようだ。(スミマセン・・・)正式名称はわからないが、コースの内容は以下のとおり。

IMG_2353.jpg




有機トマトのシャーベット




IMG_2356.jpg


ツブ・ホタテ・ウニ・アコガレイと地物野菜のサラダ仕立て



IMG_2357.jpg




かぶのポタージュ クリスピーベーコンとブルーチーズ風味



IMG_2360.jpg




桜マス ホッキ・アサリ添え 大豆とトマトとそら豆のソース




IMG_2364.jpg


芽室オークリーフ牧場産仔牛のロースト 川湯産「越冬キタアカリ」添え



IMG_2368.jpg


白菜のやわらかい煮込み にんにく・ハーブの香り




IMG_2370.jpg






丹頂苺”釧姫”のダックワーズと弟子屈産ルバーブのシャーベット





前回震撼したので期待は勝手放題大きく膨らんでいたが、結果は期待以上だった!

中でも最初の一皿「有機トマトのシャーベット」は嬉しかった!

日中汗をダラダラ流しながら生産現場の苦労を実感してきた体に、涼やかなトマトの甘みがかすかに発砲しながら流れた時には、つちの目にはじんわり涙がにじんだ。


「今日一緒に現場まわりをしてきて、自分だったらこういうものが食べたいなと思って、急遽メニューを考えました。」

そんな楡金シェフのもてなしの気持ちがコースの随所で丁寧に表現されている。派手さや奇抜さとは無縁の何かホッと安心する味。一皿一皿がゆっくり体内を温めて浄化されていく。すごく贅沢な食を頂きながら「食べ物を大切にしなきゃいけないな。」なんて感じる。最高の料理は「食べ物への礼賛」なんだな。


料理でこだわっている部分は何ですか―?

「こだわってないですよ。スパイスとか酒とかブイヨンなんて殆ど使ってない。素材が持つ美味しさで十分なんですよ。あとは野菜の切れ端を煮詰めるとか、メロンのワタからエキス取るとか、ちょっと工夫してアクセントをつける。」


「生産者まわりでも色んな刺激を受ける。でも料理人として一番大事なのは、お客様に向けて料理をBestな状態で出すこと、これに集中することです。」


自分の使命を当たり前に丁寧に果たす・・・こんな肩の力の抜けた姿勢があの「ホッとする味」を生み出すんだな。


【“釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第3話”の続きを読む】

2006.08.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第2話

釧路全日空ホテル・楡金総料理長の生産者まわり、次に向かったのは中標津。道中イタリアンレストラン「La Kinko」で昼食となった。http://www.aurens.or.jp/hp/kinko/info_newmenu.html
IMG_2334.jpg


「La Kinko」もまた、地元食材を地元の人たちに味わってほしいとメニューに工夫を凝らしている。楡金シェフが調理場を覗くと、「あれ?いらっしゃい!」と親しげな声が掛かる。皆地元を愛する仲間なんだ。

どうしていいか解らないほどのメニューの山の中から、結局ご当地ものと言われる”エスカロップ”を注文した。

楡金シェフが「これ、好きなんですよ。どう考えてもパスタじゃない、別のものなんですけどね。」と注文したのは”kinko風”という、これもご当地ものの鉄板焼スパゲッティ

もれなく付いてくる中標津の牛乳が甘くて、自然に歯で噛むように飲んでしまう。
IMG_2329.jpg


エスカロップも鉄板スパゲッティも懐かしい味。子供の頃に好きだった”甘口”って今でも素直においしいって思える。
IMG_2330.jpg IMG_2332.jpg

さあ、お腹が張ったらお仕事、お仕事・・・
第2の訪問先は中標津ピックファーム大山だ。http://www.milkypork.com/


【“釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第2話”の続きを読む】

2006.08.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第1話

8月7日(月) 江別から出張! 釧路にやって来た。

列車に揺られること4時間・・・(ホントに揺れるから、くれぐれも刺繍とか時計の修理とか細かい作業はしないでね。) 期待も高まる。

実はいつもオイシイ情報を教えてくれる某テレビ局の山さんから釧路が熱い!と聞いていたからだ。

「釧路の食を知るなら、釧路全日空ホテルの楡金総料理長の料理を食べるのがまず一番じゃないですか?」と諭され、すでに前月も足を運びその”釧路フルコース”に大いに心を揺さぶられた。
IMG_2282.jpgIMG_2286.jpgIMG_2288.jpg
IMG_2290.jpgIMG_2291.jpgIMG_2293.jpg


これはタダゴトではない! この料理はどうやって産まれたのだろう? この食材はどんな環境で育ったのか? 生産者とシェフの関係は?・・・

ということで、今回はご迷惑を承知で楡金シェフの生産者まわりに同行させて頂いた。


【“釧路では地産地消が当たり前に根付いていた!-第1話”の続きを読む】

2006.08.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 出張報告!

江別グルメ会・植村農場の月曜日

7月31日(月曜) 江別八幡の植村久子さんの農場に行ってきた。植村さんは「江別グルメ会」のメンバー。昨年にひき続き繁忙期の週2回収穫の手伝いをしているのだ。私、つちの主な担当はミニトマトの収穫。トマト好きのつちにはたまらない・・・なぜなら売り物にならない小さな実をほお張りながら収穫できるのだ。
このジャングルがミニトマトのハウス。
IMG_2280_2_1.jpg

植村さんのミニトマト、この上なく甘い! 畑荒らしのつちは今までいくつもの農場でミニトマトのテイスティング(?)をしてきたが、今のところ最上位だ。真っ赤になった実だけを厳選して収穫していく。
IMG_2281_3_1.jpg

これは「アイコ」。果肉が厚くで濃厚な味。「リコピンが通常のミニトマトの2倍」と最近話題だ。つちのお勧めの食べ方はやはり”セミドライトマト”。旨みが凝縮されて何とも贅沢な味になる。
セミドライトマトの作り方はこちらを見てね!→http://www.kitchen-tomato.jp/recipe.php/item/1193/

ヘタがはねあがっている。「食べごろだよ~」と自己主張しているようだ。
IMG_2278_1_1.jpg




【“江別グルメ会・植村農場の月曜日”の続きを読む】

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

2006.08.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

植村農場の夏野菜が今夜のごちそうに

今日植村さんにもらったばかりの夏野菜、米なす、ズッキーニ、トマトがさっそく今晩のごちそうだ。冬の間レシピを見て、「夏になったら・・・」と夢見てきた2品を(レシピ通り?)作ってみた。

「米ナスのパルミジャーナ」
参照

イタリア 地方のおそうざい―簡単レシピと地方のワイン イタリア 地方のおそうざい―簡単レシピと地方のワイン
ダニエラ オージック (2005/06)
柴田書店

この商品の詳細を見る


IMG_2311.jpg米ナスとチーズとトマトソースをミルフィーユのように何層にも重ねていってオーブンで焼いたものを、「ケーキのようにカットして食べる。」とある。このフレーズが忘れられず、いつか作ると心に決めていた1品。「レシピ通り」と言いつつ、貧乏なつちはモツァレラチーズに手が届かず、普通の溶けるチーズで。それでも十分じゅーぶん、おいしかった。植村さんのナスが主役だもんね。

つづいてもう1品!





【“植村農場の夏野菜が今夜のごちそうに”の続きを読む】

2006.08.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 江別

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:つちばく
札幌市在住でなぜか「江別」好き。友達は殆ど江別、そして農家・・・

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

お知らせ!!

    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。